夜間や通信で柔道整復師の資格は取得できる?

専門学校の夜間部

柔道整復師になるには、文部科学省の許可した四年制の大学か、または厚生労働省の許可した専門学校で柔道整復師になるための知識と技術を学ばなくてはなりません。

3年以上大学や専門学校で勉強をしてようやく国家試験を受験する資格が得られるのです。

そのため学校には必ず通わなくてはならないのですが、専門学校の中には昼間部だけでなく夜間部を設置しているところがあります。夜間部で学ぶことによって柔道整復師になるための国家試験を受験することができます。

社会人が働きながら柔道整復師を目指すことも不可能ではありません。

通信教育では柔道整復師になれない

高校や大学を卒業したばかりでまだ就職をしていないうちであれば、柔道整復師になるために専門学校や大学に通うための時間をとることはできるでしょう。

しかし社会人の場合、たとえ夜間であっても、学校に通うための時間を確保することは容易ではありません。

社会人が柔道整復師を目指す場合は、学校に通う時間を確保できる仕事に変えるなど、時間を作るための苦労があります。

そのため、時間が取れるときに勉強することができる通信教育で柔道整復師になることを考える人もいるでしょう。

しかし、残念ながら通信教育では柔道整復師になることはできません。

なぜ通信教育ではダメなのか

医師や看護士、歯科医師、理学療法士、そしてあんまマッサージ指圧師、はり師、保健師などは医療従事職といわれ、柔道整復師もこの医療従事職のひとつです。

医療従事職の中でも一部の仕事については、通信教育によって資格を取得することは可能なのですが、専門的な知識や技術が必要になる医療従事職では、通信教育によって資格を取得したり、就職することはできません。

柔道整復師は視診と触診によって診察を行い、適切な処置を行います。そこで適切な処置が行われなければ損傷部分が二度と元に戻らなくなる場合もありえます。

柔道整復師はたいへん責任ある仕事であり、正しい知識と技術が要求されるため、学校に通って勉強することが必須とされているのです。