柔道整復師として大切なこと

患者さんへの気配り

柔道整復師は若い人から高齢者の方まで、幅広い世代の患者さんと接します。

また、患者さんは一人ひとり抱えている症状も異なれば、生活環境や置かれている状況も異なるため、柔道整復師はそれぞれの人に適した接し方をして、正しい施術をしていかなくてはなりません。

「経験」によってスキルアップしていくことはとても大事ですが、慣れによる思い込みや先入観で患者さんのことを決めつけるのではなく、一人ひとりの患者さんと向き合い、きちんと問診をして、患部の様子を見ていくことが大切です。

もちろん、もっと基本的なところとして、常に明るく、笑顔でいることも大切です。

患者さんは少なからず不安を抱えていますから、話し方や口調などには十分気を付けて、安心感を与えてあげるように心がけます。

また、患者さんに施術内容などを説明するときは、難しい専門用語などはできるだけ避け、わかりやすく説明することも大切です。

身体の症状を楽にしてあげるだけでなく、心も癒やしてあげることができる。そんな柔道整復師になれば、多くの人から頼られる存在になるでしょう。

治療家としての責任感

柔道整復師にとって大切なのは、「プロの治療家である」という意識です。国家資格を持つ者としてのプライドと、「患者さんの症状を治す」という強い気持ちを持っていなくてはなりません。

もちろん、精神面だけではなく、人体全般に関して熟知している必要もあります。たとえば、患者さんの訴える症状が、実は外傷的なものではなく、内科的な疾患によるものということもあります。

そういった場合、柔道整復師は内科的な病気を扱うことはできませんから、専門医にかかるように促さなくてはなりません。

しかし、もしそこで誤まった判断の下に施術を続けていれば、症状を悪化させてしまう可能性もあります。

柔道整復師は、それだけ重い責任を担っているという意識を持って仕事に取り組むまなくてはなりません。

地道に臨床経験を積み、日々専門知識や技術を高めていくことが大切です。