柔道整復師と鍼灸師の違い

鍼灸師と柔道整復師の違い

鍼灸師と柔道整復師はどちらも人の体を正常な状態に戻す仕事です。そのため、進路を決めるにあたってどちらの職種を選ぶべきか迷う人が多くいます。

どちらも国家資格が必要な職種であり、また、どちらも国家試験を受験するには専門学校や養成学校、大学等で専門的な知識や技術を学ばなくてはなりません。

その専門学校や大学で学ぶ期間等も鍼灸師と柔道整復師は同じで、鍼灸師になるには文部省の認定した大学・、または3年制の短大、盲学校と、厚生省が認定した鍼灸専門学校で学ばなくてはならないのです。

鍼灸師と柔道整復師は免許を取得するまでの道のりが類似しており、年々資格取得者が増えているという点も共通です。

鍼灸師とは?

鍼灸師とは、「はり」や「お灸」などを使って東洋医学に基づいた治療を行う人のことです。鍼灸師になるには3年以上専門学校や大学で専門的な知識や技術を学び、そして国家資格を取得しなければなりません。

鍼灸師になるための国家資格には、「はり師」と「きゅう師」があり、2つの資格を取得しなければなりません。柔道整復師と同じように鍼灸師にも開業権があるため、修行を積んでから独立する人もいます。

鍼灸師の仕事も柔道整復師と同様に結婚や子育てをしながら仕事を続けている職種のため、年々、国家試験の受験者は増えていますし、女性の鍼灸師も多くなっています。

鍼灸師と柔道整復師はどちらが有利?

接骨院の先生に憧れて柔道整復師を目指すといった明確な理由がなく、人の役に立つ仕事をしたいという気持ちを持っている人の中には、鍼灸師と柔道整復師のどちらが有利なのか迷う人がいるようです。

しかし鍼灸師と柔道整復師では、類似点は多くありますがいろいろと異なる部分もあります。鍼灸師の場合、免許を取得した後の就職先というと鍼灸院となるのに対して、柔道整復師は接骨院や病院の整形外科などもう少し幅があります。

そして経験を積んでからも柔道整復師の場合、スポーツ関連施設や介護関連施設などさらに仕事場の幅が広がり、全体にみて柔道整復師の方が鍼灸師より高収入であることが多いようです。

保険の扱いも鍼灸師と柔道整復師では異なります。柔道整復師は受領委任払い制度で、支払い時に負担が軽減されますが、鍼灸師の場合、保険を利用するには医師の同意書が必要になります。

保険が適用できる柔道整復の方が、開業後の経営が楽になる傾向があるようです。