働きながら柔道整復師の資格を取るには

社会人から柔道整復師になることができるか

柔道整復師は患者さんの身体に直接触れる仕事であり、専門的な知識と技術が求められます

そのため、柔道整復師になるには柔道整復師専門学校か大学を卒業しなければなりませんし、学校を卒業後、柔道整復師国家試験を受けて合格する必要があります。

では、社会人が柔道整復師を目指すことは不可能なのかというと、そのようなことはありません。

専門学校の中には夜間部を設置している専門学校があります。

社会人が働きながら柔道整復師を目指す場合は、夜間の専門学校で柔道整復師の知識と技術を学び、柔道整復師国家試験を受けることになります。

夜間部のある専門学校

昼間部の専門学校というと授業の時間は10:00〜16:00くらいになりますが、夜間部がある専門学校の授業時間は18:00以降になります。そのため、昼間働いて、就業後に学校に通うことができます。

専門学校の夜間部というと、授業時間が短いため、カリキュラムが十分でないのではないかといった心配がありますが、昼間部と同じカリキュラムになっている学校もあります。

また、柔道整復師は、最近では病院や接骨院に勤務する以外に介護保険関連施設やスポーツ関連施設、健康関連施設など職場が広がっています。

それらの職場の広がりに合わせて、昼間部だけでなく、夜間部でもスポーツ分野や美容分野で勤務するのに必要な知識や技術を学習できるカリキュラムを組んでいる学校もあるようです。

昼間は接骨院や鍼灸院、病院などで働く

夜間部がある学校の中には、接骨院や鍼灸院、病院などの勤務先を紹介してくれるところがあります。

そのような学校では、昼間は接骨院や鍼灸院、病院といったところで働き、夜間は学校で勉強することができます。

勉強しながら実習をしているようなものです。学校で勉強した知識や技術をすぐに現場で活用することができるため、知識や技術を大きく上達させていくことができます。