柔道整復師と整形外科医の違い

整形外科医と柔道整復師の違い

柔道整復師の職場はいろいろなジャンルがありますが、学校を卒業して免許を取得したばかりの場合は接骨院や病院の整形外科に勤める人が多くいます。

では整形外科の先生と柔道整復師の違いとは何でしょう?

一番の違いは医師であるかどうかです。整形外科の先生は医師ですが、柔道整復師は実は医師ではないのです。整形外科は、いろいろある医学分野の中のひとつです。そして、整形外科の先生になるには医師免許を持った医師でなくてはなることはできません。

それに対して柔道整復師は3年以上専門学校か大学に通い、柔道整復師の国家資格を取得すればなることができます。

医師とは?

柔道整復師と整形外科の先生もどちらも患者さんには「先生」と呼ばれます。そのため柔道整復師を医師なのだと思う人が多くいますが、柔道整復師は医師ではありません。

医師とは医術を仕事とする専門家のことで、医師法のもとに病気の診察や治療、投薬を行います。専門分野ごとに内科医や外科医と呼ばれており、整形外科医とは、整形外科の専門医ということになります。

医師になるには医師国家試験を受験して合格しなければなりませんが、医師国家試験を受験するには大学で医学部を卒業し、受験資格を得ることが必要です。そして試験に合格した場合は、医籍登録を行って厚生労働大臣免許を取得しなければなりません。

医師免許を持っていれば、ほぼすべての医療行為を行うことができます。この点が柔道整復師と異なるところでしょう。柔道整復師は捻挫や打ち身などの治療を行うことができますが、骨折などについては医師の指示の元でしか治療を行うことはできません。

医師免許を持っているということは、看護師や保健師、理学療法士や柔道整復師などすべての医療従事者などが持っている資格と同じ意味があるのです。

柔道整復師の行為は医療行為ではなく施術

柔道整復師は医師ではないため、その治療は正しくは施術と呼ばれます。柔道整復師は打撲、捻挫、脱臼、骨折といった損傷に対して、手術や、薬品の投与を行わずに、人間が持つ治癒力を利用して患部を固定するなどの方法で治療を行いますが、これは施術なのです。

柔道整復師は医療行為について十分な資格を有していませんから、骨折など怪我の状況によっては医師の指示のもとに治療を行っているのです。