柔道整復師の給料・年収

経験や勤務先によって給料に差が出やすい

柔道整復師は国家資格が必要な職業ですが、資格をとればゴールではありません。

むしろ、現場に出てから地道に経験を積むことによって、知識や技術を高めていくことが重視される職業です。

そのため、働き始めたばかりの新人柔道整復師と、この道で10年以上といったベテラン柔道整復師では、給料にも大きな差が出ることは珍しくありません。

また、柔道整復師は接骨院や病院の整形外科で働く以外に、健康施設やスポーツ施設、介護施設で働いたり、スポーツトレーナーとなる人もいます。

さらに、整骨院などに社員やアルバイトとして勤めるする人だけでなく、独立開業してオーナーとしてやっていく人もいます。

経験に加え、雇用形態や活躍の場によって給与は大幅に変わってくるといえます。

月にいくらくらいの収入が得られる?

それでは、柔道整復師の平均的な給与額を見てみましょう。

まず、柔道整復師の就職先として一般的である接骨院や病院の整形外科に勤務する場合、30歳くらいでの基本給は20万円〜26万円程度になります。

この額に経験、実績などが考慮され、各種の手当が加算されると、月収は30万円前後となることが多いようです。

なお、整骨院では固定給ではなく、担当した患者さんの数に応じて給料が上乗せされる「歩合制」をとっているところも多くあります。

そのため、確かな実力を持ち、患者さんからの信頼を集めることができれば、より多くの収入が得られるでしょう。

平均年収は?

接骨院や病院の整形外科に就職した場合、新人時代の平均年収は350万円〜400万円程度、10年くらいの経験と実績があれば、600万円〜700万円程度であるようです。

独立開業して成功すればこれ以上の高収入を狙うことも可能ですが、整骨院の競争は激化しており、成功は容易ではありません。

実力を身に付けて、スポーツトレーナーとして名の知れた存在になれば、年収1000万円を超える人もいるようです。

アルバイトや契約社員、派遣社員の給料

柔道整復師は、アルバイトや契約社員、派遣社員として働く人もいます。この場合の給料は「時給制」となり、時給900円〜1,500円くらいが相場となっています。

ちなみに、柔道整復師として働くのであれば、アルバイトでも契約社員でも国家資格は必須です。

しかし、受付や先輩の補佐など限られた業務範囲であれば、無資格でも整骨院などで働くことは可能です。

実際、柔道整復師の専門学校に通い、国家資格取得を視野に入れながら整骨院や病院でアルバイトをし、在学中に現場での研修を積むという人は少なくないようです。