柔道整復師になるには

まずは専門学校か、大学へ進学

柔道整復師になるには、柔道整復師国家試験に合格することが必要ですが、国家試験を受験するには条件があります。

もうひとつが文部科学大臣の指定した学校、または厚生労働大臣の指定した柔道整復師専門学校か大学で、柔道整復師となるために必要な知識および技能を3年間以上学ばなければなりません。

専門学校や大学で、解剖学、生理学、運動学などの基礎系科目と、柔道整復理論、柔道整復実技、リハビリテーション学などの専門科目を勉強し、柔道整復師に必要な知識と技術を身につける必要があるのです。

在学中には柔道の授業がある場合もあり、そこでは柔道の理念なども学びます。

そして、専門学校、または大学卒業すると、柔道整復師国家試験を受験する資格が得られます。

柔道整復師になるには

国家試験を受ける

柔道整復師になるためには、年に1回行われる柔道整復師国家試験を受験して合格することが必要です。

試験は全11科目の筆記試験が行われます。北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県といった県で行われ、自宅などから最も近い試験会場を選んで受験することになります。

ちなみに合格率は平成25年の柔道整復師国家試験で75.3%という合格率でした。例年、合格率は70%前後となっています。

柔道整復師国家試験の難易度、合格率

柔道整復師の免許を取得

柔道整復師国家試験を受けて合格すると柔道整復師の免許を取得することができます。

免許を取得すると「接骨院」や「整骨院」や病院や整形外科にて施術を行うことができます。

柔道整復師は独立開業することができる資格ですが、柔道整復師は経験も重要なため、まずは病院や接骨院などで経験を積むことになります。

柔道整復師の資格取得者が増加

近年、柔道整復師の有資格者数が劇的に増加し、供給過剰の状態になりつつあります。

また、病院や診療所におけるリハビリテーションは、理学療法士が担当するようになり、柔道整復師の求人数がやや減少しています。

一方で、介護施設などでの需要は増えてきており、活躍の場が広がってきています。

柔道整復師に求められる能力

体力

柔道整復師は、素手で一日中治療を行います。足や身体を持ち上げたりすることも多く、体力が必要となる仕事です。

コミュニケーション能力

整骨院には子どもからお年寄りまでさまざまな人が訪れます。

患者さんは不安を抱えていることもあるため、人当たりの良さやどんな人ともコミュニケーションできる能力が求められます。

経営力

柔道整復師のほとんどは独立開業を目指します。

しかしながら、接骨院の数は今後も増加していくと見込まれており、競争が激化していく可能性が高くなっています。独立してもやっていける経営力が必要になるでしょう。

柔道整復師の今後の見通し

かつては柔道経験者が多い職業でしたが、現在は必ずしもそうではなくなっています。

また、規制緩和により、柔道整復師の養成学校が増加し、以前よりも入学が容易になりました。

そのため柔道整復師の合格者数は増加しており、柔道整復師の飽和が懸念されています。

柔道整復師の人数の推移

柔道整復師の資格を持つ人の数は、年々増えてきています。平成26年時点での柔道整復師の人数は63,873人となりました。
柔道整復師数の推移_26

柔道整復の施設所数の推移

柔道整復の施設数も柔道整復師の人数同様に増加の傾向にあります。年間で3,000ほどの施設所が増えており、平成26年時点での柔道整復師の施設所数は45,572となりました。

柔道整復師の人数が58,573人であるため、かなりの割合の人が独立開業していると考えられます。
柔道整復の施術所の推移_26