柔道整復師の勤務時間・休日・残業

拘束時間は長くなりがち

柔道整復師の代表的な就職先は接骨院や病院の整形外科であり、これらの場に就職した場合は、基本的には営業時間に合わせて仕事をすることになります。

平日はだいたい9:00〜20:00の間に働くことが多いですが、土日祝日の時間については勤務先によります。

土曜日は「午前中だけ営業」というところもあれば、平日と変わらず営業するところなど、まちまちです。

ただし、営業時間ピッタリに出勤、退勤できるわけではありません。実際には、開院する1時間前には出勤して、院内の掃除や準備を行い、閉院後にはカルテ整理、片付けなどで1時間ほどかかります。

たいていの整骨院や病院では、午前と午後の間に2〜3時間程度のお昼休みが設けられているため、実働は8時間程度と設定されています。

昼休みや前後の準備・片付けを含めた拘束時間は長くなりがちで、毎朝8時くらいに出勤し、帰宅するのは日が変わる頃ということも珍しくはありません。

柔道整復師の場合、医師とは異なり24時間勤務が必要になることは、ほとんどありません。

残業の状況は?

「患者さんが多い」などの理由で、受付時間終了後も治療が長引けば、当然、柔道整復師の残業時間もそれだけ増えることになります。

日によって異なりますが、営業が終わった時間から30分〜1時間程度治療を続ける日もあります。

残業代がきちんと支払われるかどうかは、勤務先によります。全額支払われるところもあれば、中には残業代なしで長時間働かなくてはならない職場もあるようです。

柔道整復師の休日

柔道整復師の休日は、週1日〜2日程度になることが一般的です。

基本的には接骨院や病院の休診日に合わせて休みますが、その曜日が土日祝日になるのか、あるいは平日のどこかになるのかは、勤務先によって変わってきます。

また、柔道整復師は勤務先や働き方によって、定期的に休日をとることが難しい場合があります。

たとえば、健康施設やスポーツ施設、介護施設では土日も営業しているところが多くあります。

こういった場合、柔道整復師はシフト制で勤務し、1ヵ月あたり6〜8日休みになるというパターンがよく見受けられます。

また、スポーツトレーナーとなって、プロスポーツ選手個人やプロスポーツチームと契約をした場合には、試合に合わせて選手の体調管理を行わなければなりませんから、休みは不規則なものとなりがちです。

同じ柔道整復師といっても、人によって休日のとり方はだいぶ異なっているといえます。