海外で働く柔道整復師

柔道整復師は海外でも働ける?

柔道整復師の国家資格は、あくまでも日本国内でのみ有効です。そのため、日本でがんばって国家資格を取得したとしても、その資格自体は海外においては効力を発揮させることができません。

しかしながら、日本に伝わってきた柔道整復の技術は、いま海外からも大きな注目が寄せられています。

それを示すかのように、平成14年には柔道整復技術が「Judo therapy」として、「ジュネーブWHO本部(世界保健機構)」にて正式に認知されました。

投薬や外科的な治療は行わない柔道整復の施術は、西洋の先進医療に代わるものとして期待されています。徐々にではありますが、世界各国で柔道整復の認知度も高まりつつあるようです。

柔道整復術を海外へ広める活動

柔道整復が海外で注目され始めているとはいえ、まだ大きな普及にまでは至っていないのが実情です。

そのため、現時点では海外で働きたいと思っても、日本で働く場合のように柔道整復師として病院などに就職したり、独立するのは簡単ではないようです。

柔道整復師として海外で活動したいという場合、一つの方法として、都道府県社団法人の柔道整復師会に入会する方法が挙げられます。

柔道整復師会では、積極的に柔道整復師の海外協力や普及事業を行っており、海外からの派遣以来があれば自らも希望によって参加することができるようです。

また、独立行政法人の国際活動の一環としても、柔道整復術の普及事業が行われていることがあります。

この先、海外各国での柔道整復の認知度がさらに高まっていけば、海外での活躍の場も広がっていくものと考えられます。

なお、どうしても海外で働きたいということであれば、同じ国家資格である「鍼灸師(はり師・きゅう師)」のほうが可能性が高いとされています。

東洋医学の考え方である鍼灸治療は、近年海外でもよく取り入れられるようになっており、国によって必要な条件(免許など)をクリアすれば、現地で独立したり就職して働くことも不可能ではありません。