柔道整復師と医療行為

医療行為と医療類似行為

柔道整復師は、当然ながら「医師」とは異なる職業です。そして、医師以外が「医療行為」をすることは、法律(医師法)で禁じられています。

医療行為とは、「人の傷病の治療・診断又は予防のために、医学に基づいて行われる行為」のことをいいます。

医療行為は医師の業務独占であり、医師免許を持つ人以外が医療行為をすることは不可となっています(看護師・薬剤師・放射線技師などは、医師の指示の下、医療行為の一部を担うことが認められています)。

しかし、医療行為とよく似た言葉で「医療類似行為」というものがあります。

医療類似行為とは、「医師が行う医療行為以外のこと」をいい、鍼灸師、あんまマッサージ指圧師、そして柔道整復師の行う施術も、医療類似行為として認められています。

そもそも、柔道整復師の業務範囲は「骨や筋肉などに加わる急性又は亜急性の外傷性の骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対しての整復や固定をすること」となっています。

この範囲であれば、医師の医療行為と同じ施術(医療類似行為)を行うことが可能です。

逆にいえば、この範囲以外の医療行為(投薬、手術など)を行えば、それはれっきとした法律違反になってしまいます。

法律を守らないことによるトラブル

なお、柔道整復師の業務範囲のうち、医師の同意なしに施術を行えるのは「捻挫」「打撲」「挫傷」のみであり、「脱臼」や「骨折」に関しては、応急の場合を除けば医師の同意が必須となります。

また、柔道整復の施術は慢性的な肩こりや内科疾患が起因する症状でなければ、健康保険も適用されます。

ところが、こうした法律を守らずに営業をしてしまう整骨院も存在するようです。

ありがちなトラブルの一例としては、医師の同意がないにも関わらず、「骨折」と決めつけて継続的に施術をしてしまうような事例です。

たとえば、もし骨折と疑わしい患者さんが来院したとき、正しい柔道整復師であれば必ず整形外科の受診を薦め、診断書を持参してもらいます(応急処置を除く)。

ところが、「面倒だから」「患者さんを一人でも増やしたいから」といった理由で、医師の同意を得ないまま、勝手に施術を続けてしまう柔道整復師もいるのです。

隠れてこうしたことを行っても、事実が明るみになれば当然法律違反として訴えられる可能性がありますし、患者さんの症状を悪化させてしまう可能性もあります。

こうした問題は、柔道整復師をとりまく話題の中で、今後解決していくべきもののひとつといえるでしょう。