柔道整復師の一日

柔道整復師の勤務時間

柔道整復師の勤務時間は、施設や仕事の内容によって異なります。

たとえば、接骨院などの場合、診察時間が勤務時間となりますし、病院に勤務した場合、その病院の受付時間が勤務時間となります。

スポーツトレーナーなど接骨院や病院以外に勤める仕事をした場合は、お客さまの都合に合わせて仕事をすることもあるため、仕事が不規則になることもあるでしょう。

プロスポーツ選手のスポーツトレーナーになった場合、試合の前や試合の後に治療を行ったり、試合に合わせて選手の体調を整える手助けをしなければなりません。

また、ともすれば選手と一緒に移動しなければならない場合もあるため、休日もかなり不規則になりがちです。

接骨院や病院の勤務時間

接骨院や病院の勤務時間は施設の受付時間に合わせたものになるため、スポーツトレーナーなどの仕事に比べるとある程度決まった時間になります。

施設の受付時間は施設によって異なりますが、大体、月曜〜金曜の平日では9:00〜20:00、土曜は9:00〜17:00になるか、または日曜・祝日、土曜の午後を休診になります。

勤務時間が12時間近くになりますが、ずっと働き通しというわけではありません。

柔道整復師は治療に際して力が必要になることが多く、体力を使うため、実働時間は8:30〜12:00、16:00〜20:00といったように長めの昼休みをとるケースも多いです。

柔道整復師はパートやアルバイトといった勤務形態よりも、正社員という形での勤務のところが多く、そうしたところでは、雇用や労災、社保(厚生年金・健康保険)、有給休暇などが完備されます。

複数の資格を持つ人も多い

柔道整復師は仕事内容によって複数の資格を持つ人が多くいます。

たとえば、教育機関に勤めるには柔道整復師の資格の他に柔道整復師専科教員免許が必要になりますし、健康関連施設でマッサージ治療を行う柔道整復師は鍼灸師の資格も持っている人も多いようです。

鍼灸師の仕事

接骨院や病院に勤めている柔道整復師の場合、勤務時間はある程度決まっていて、院の定休日は休日になりますから、空いた時間を使って関連資格の取得を目指す人も多いようです。

ある開業柔道整復師の一日

09:00

出勤。今日の予約状況を確認、清掃などをします。

10:00

患者さんが来院、施術、カウンセリングなどを行います。

12:00

昼食。ただし患者さんの予約状況や施術が長引くと遅くなることもあります。

13:00

午後の施術 午後は予約なしの患者さんが来ることもあり、忙しくなってきます。

17:00

診察、施術終了 患者さんの状況では遅くなることもあります。

18:00

清掃をして、1日の業務終了です。

ある病院勤務柔道整復師の一日

09:00

出勤。朝礼、清掃などを行います。

09:15

医師、看護師など医療スタッフと患者さんの施術についての打ち合わせをします。

09:30

施術をします。病院なので午前中に施術が集中しやすい時間帯です。

11:30

外来受付終了

12:00

昼食

13:00

入院患者さんからの相談に乗るなど、院内をまわります。

15:00

研修。院内で開催されている新しい術式の研修会に参加します。

17:00

研修、施術終了

18:00

残務整理を終え、帰宅します。