柔道整復師になるための費用・学費

柔道整復師になるための学校には「専門学校(3年制)」と「大学(4年制)」があり、学校によって学費が異なります。

ここでは、柔道整復師になるまでにどれくらいのお金がかかるのか紹介します。

卒業までにかかる費用

専門学校の学費は、3年間の合計で、だいたい300万円〜400万円となっています。しかし、これよりも高く設定されている学校もあります。

初年度は、だいたい入学金が20万円〜30万円、授業料(実習費含む)が100万円〜150万円、合計して120万円〜170万円程度は必要になる学校が多いようです。

なお、早期に申し込むことで入学金が減免されることがあります。

また、「はり師・きゅう師」「あんまマッサージ指圧師」など、同じ学校の他学科(コース)にも同時に入学を申し込んだ場合は、1つの学科の入学金が免除となったり、授業料が大きく減免される学校もあります。

学費以外にもお金がかかる

授業料や実習費に加え、ほぼどの学校においても教科書代や実習で使う器材代、白衣代などは別途実費を負担する必要があります。これらの金額は、3年間の合計で10万円〜15万円程度となっています。

さらに、校友会費やレクリエーション費、卒業関連費などで、年間5万円程度かかる学校が多いようです。

また、柔道整復師の国家試験の受験手数料として16,500円が必要となります。

夜間部の専門学校、大学で学ぶ場合

柔道整復師の専門学校の中には、昼間部だけでなく夜間部を置く学校もあります。夜間部の場合、学費は昼間部よりも年間で20万円程度低く設定されているケースが多いようです。

もちろん、夜間部で学ぶとしても、柔道整復師の国家資格を得ることは可能です。

大学も年間にかかる費用は専門学校の水準とほぼ同等ですが、大学の場合は4年制となるため、卒業までに専門学校より100万円〜150万円程度、余分にかかるケースが多くなっています。