柔道整復師になるための大学と専門学校の違い

柔道整復師になりたいと思ったら、まずは柔道整復師の養成課程がある学校で学び、国家試験に合格しなくてはなりません。

柔道整復師になるための学校には「大学」と「専門学校」があり、前者は4年制、後者は3年制(まれに4年制もあり)という違いがあります。大学は全国で10校程度ですが、専門学校は全国で100校以上あります。

ここでは、大学と専門学校でどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

どちらが有利・不利ということではない

まず、大学と専門学校で学習内容が大きく異なるということはありません。

柔道整復師の養成課程は文部科学省令、厚生労働省令で定める基準に適合するようにカリキュラムが組まれているため、どの学校においても、国家試験を受けるために必須となることは確実に学べるようになっています。

当然、大学と専門学校のどちらを卒業するかによって最終学歴は変わってきますが、この職業は、いざ現場に出てしまえば学歴を問われることはほとんどない世界です。

それよりも「どう経験を積み、どれだけの専門知識や技術を身に付けていけるか」ということのほうがずっと重視されます。

「1年でも早く現場に出たい」という人は、3年制の専門学校を選んで早く就職したほうがよいでしょう。

逆に「大学で4年間、人間としての視野を広げていきたい」「大卒という資格がほしい」といった人や、単純にキャンパスライフを楽しみたいといった理由があるのなら、大学に通うという選択肢も出てくるはずです。

学校ごとに特色が異なる

大学と専門学校どちらで学んだ場合でも、国家試験の合格率に大きな差はありませんが、年によっては専門学校のほうが若干高いともいわれています。

なお、大学のほうが3年制の専門学校に比べれば1年間多く在籍することになるため、学費は100万円程度多くかかるケースが多いです。

ただし、一言で専門学校といっても、学校ごとに校風も違えば授業の進め方なども異なります。

最近は、高いレベルでの臨床ができるようになるためのカリキュラムを組んだり、著名な講師による授業を展開するなど、学校ごとにさまざまな特色を打ち出しています。

できるだけ複数の学校を見学し、進学先を決めていくことをオススメします。