ジャーナリストの種類

一般的なジャーナリストとは?

ジャーナリストには、特定の資格、制度がないので、日本ではさまざまなジャーナリストが登場しています。

最近は、ブログライター、コメンテーターなどもジャーナリストと自称しているケースがあるようです。

しかし、一般的にジャーナリストと呼ばれる人たちは、報道機関に所属するか、あるいは、報道機関出身者で文筆活動を仕事とする人たちを言います。

新聞、テレビなどの報道機関の場合、自社の編集局、報道局社員は、記者または報道記者と呼び、契約している外部のフリージャーナリストは、契約ジャーナリストまたは委託ジャーナリストと呼んでいます。

OBジャーナリストも契約あるいは委託ジャーナリストと呼ばれます。

ジャーナリストは多様化している

ジャーナリストは本来そうした報道の業務に携わる人たちを呼ぶ名称ですが、インターネットなど報道媒体が多様化する中で、さまざまな種類のジャーナリストが登場していることは確かです。

それらのジャーナリストの中には、報道機関に所属していたり、かつて報道機関で仕事をしていた人たちもいますが、報道機関と関係のない人たちも、ジャーナリストとして活動している例があります。

いずれにせよ、最近は、報道機関における所属の別はともかくとして、ジャーナリストの種類や態様は実にさまざまです。

専門化、細分化されてきている

仕事の中身からいえば、ジャーナリストには、「政治ジャーナリスト」「経済ジャーナリスト」「社会ジャーナリスト」「文化ジャーナリスト」「国際ジャーナリスト」「スポーツジャーナリスト」などが主なものです。

こうした色分けは、従来からの報道機関における配属記者の分野によるものといえます。

政治部出身の場合は、政治ジャーナリストとして、経済部出身の場合は経済ジャーナリストといった具合です。

しかし、最近は、それらの分野も細分化、専門化され、さまざまなジャーナリストが登場しています。

たとえば、政治関係でいえば、政局ジャーナリスト、地方行政ジャーナリスト、経済では、金融ジャーナリスト、証券ジャーナリストといった形です。

社会、文化関係ではもっと細分化されているようです。

家庭ジャーナリスト、生活ジャーナリスト、結婚ジャーナリスト、歴史ジャーナリスト、美術ジャーナリスト、音楽ジャーナリストなどなどです。

これらのジャーナリストは、報道とはあまり関係なく、独自の見解を示すことも少ないようです。ただ、その分野に詳しいことは確かです。

仕事の内容とは別に、その態様として、編集者、プロデューサー、ニュースキャスターなども、ジャーナリストと呼ばれることがあります。