ジャーナリストの求人、募集の状況

求人はあまり多くない

ジャーナリストは、その大半の人がフリーランスで活動しています。

そのため、基本的に企業が「ジャーナリスト」という職種での求人をかけることはほとんどありません。

一般的な会社へ就職するようにジャーナリストとしてどこかの企業に勤めたいと思っても、それは非常に難しいことなのだと考えておいたほうがよいでしょう。

一方、近年のジャーナリストは、「政治のあり方や世相の現状に対して警鐘を鳴らす人」から、「マニアックな情報媒体や専門誌、情報誌に記事を提供するライター」という位置づけに変わりつつあります。

特定の分野に特化した書籍等を扱う出版社やプロダクションなどでは、そうした媒体で記事を執筆できるライターの求人を出していることもあります。

そのような場合、実際の仕事内容としてはジャーナリストと近しいことができる可能性はあるため、地道にインターネットなどを利用して求人を探していく必要があるといえるでしょう。

報道の世界に入り込むことから

ジャーナリストとして働きたいのであれば、やはり報道の世界に飛び込むのが最もスムーズであり、その先の可能性も広げやすいといえるでしょう。

しかしながら、報道を扱う新聞社、放送局、出版社などはいずれも人気が高く、入ることですらも大変です。

とはいえ、この世界は「人脈」で成り立っている面も多々あり、本物の熱意があれば、アルバイトやどんな形であれ拾ってもらえることはあります。

そのためには、積極的に人付き合いをしたり、機会をうかがって自分から売り込んだりし、人間関係を広げていく努力も必要になるでしょう。

報道の世界に入り、記者としてある程度の経験を積まない限り、ジャーナリストとして独立するのは厳しいといえます。

ジャーナリストになるまでの道のりは険しいものになりますが、運よく報道機関の募集を見つけたら、何としてもチャンスを掴み取るくらいの勢いを持って動くことが重要になりそうです。