ジャーナリストとルポライターの違い

「主張・批判」か「レポート」か

ジャーナリストとルポライターとの大きな違いは、書く内容に、筆者の見解、主張、批判があるかどうかという点です。

ルポライターは、現地報告者、記録者ともいわれ、実際の現場からの報告、レポートを主な仕事とする人を言います。

あくまで報告、記録であって、できるだけ客観的に、詳細に、また生々しくレポートすることが求められます。

その記録は、内容、表現によっては、読者を感動させることもあり、ノンフィクションとして一種の文学の領域にまで高められる作品もあります。

それに対してジャーナリストは、トピックスや時事問題、その時々に生起するさまざまな問題に対して、自分自身の見方、見解を加えながら、解説したり批判を加えたりすることを仕事とします。

事実や事象の記録、レポートではなく、ジャーナリスト自身、それをどう捉えるか、どう判断するかという自分自身の考え方を提示することを求められます。

ジャーナリストの役割

新聞、雑誌にも、記者の考え方などが示される場合がありますが、それらはあくまで記事の内容を補足する手段の一つとして掲載される場合が多いのです。

ジャーナリストでも、最近はそうした新聞などのニュース記事の補足として、解説、コメントを求められるケースがありますが、本来のジャーナリストの仕事からすると、やや異なるものといえます。

ジャーナリストの本来の役割は、大きな政治、経済、社会問題に対して、独自の視点で分析、解説を加えることによって、世論に影響を与えることです。

一般の生活者は、日々の出来事を主に新聞、雑誌、テレビなどから情報を得ており、通常は、それで十分であり、解説や視点などの必要性はあまり求めません。

しかし、生活者の生活や家庭環境、地域環境、さらには選挙のような政治の枠組みなどを変える問題、つまり、暮らしに大きくかかわる問題が生じた場合、それをどう判断したらよいか迷う場合がしばしばです。

新聞、雑誌、テレビなどでは、記者やコメンテーターのコメントなどはありますが、明確な方向性はあまり示されないのが普通です。

新聞などの報道機関は、読者や、視聴者にさまざまな考え方の人たちがいるため、それらの人たちに方向性を与えるような独自の主張を示すことは自主規制されているからです。

ジャーナリストの存在意義

そうした規制は、報道機関の経営とも絡むのです。

特定の読者、分野を対象にしたマニアックな専門誌は別として、発行部数を経営の中枢に据える大新聞では、明確な主張、社論を打ち出すことは、経営の観点から好ましくないからです。

フリーのジャーナリストの存在意義は、そうした大新聞、テレビなどでは困難な独自の主張、見解を明確に打ち出せることにあります。

最近は、大新聞、テレビ局でも、自社のOBジャーナリストを活用して、独自の見解を示すところもありますが、ジャーナリストの基本はあくまで、ジャーナリスト自身の見解、判断を示すことにあるといってよいでしょう。