ジャーナリストになるための学校(大学、学歴、講座)

ジャーナリストになるうえで、「必ずこの道をたどらなければならない」というルートはありません。

新聞社や放送局などでジャーナリズムの世界に身を置き、記者としての経験を積んで独立するという流れが一般的ですが、人によって具体的にどのようなルートを歩むかは異なります。

特別な学校に通わなくてもジャーナリストになることは可能ですが、早くからジャーナリストに関連することについて学びたいということであれば、いくつかの選択肢が考えられます。

ここでは、ジャーナリストになるための学校について紹介します。

大学や大学院で学ぶ

ジャーナリスト志望の人は、できれば大学に進学しておいたほうがよいかもしれません。

それというのも、新聞社、放送局、出版社は「大卒以上」の学歴の人を採用する傾向が強く、とくに大手になればなるほど学歴重視の傾向が見られるからです。

したがって、大学を出ておかないと、希望する就職先が見つかってもその土俵にすら上がれないという可能性があります。

新聞社等の採用試験において学部はほとんど問われませんが、一部の大学が設置する「新聞学科」では、マス・メディアやメディア・コミュニケーションについて広く専門的に学ぶことができます。

そのほか「ジャーナリズム学科」や、大学院でも「ジャーナリズムコース」など、将来はジャーナリストになることを視野に入れた学科・コースを置く学校もあります。

専門的に学べる場はさほど多くない

このほか、ライティング技術や取材力などを身につけたいのであれば、ライター志望者向けの民間スクールもあります。

しかし、国内でジャーナリストを専門的に養成する専門学校などは、かつてはあったものの現状は閉校し、存在していないようです。

こうしたことからも、どうしてもジャーナリストになりたいということであれば、新聞社や出版社などへの就職をする道が一般的になってきます。

このほかにジャーナリズムを知る機会としては、各種団体などが主催するイベント等によって、単発で講座が開かれることもあるようです。地道に探してみる必要がありそうです。