結婚式・ブライダルに関わる職業・仕事

人生に何度とない結婚式。 誰しもが、これ以上ない最上の1日にしたいと願うものですが、新郎新婦という主役がいれば、その裏には素晴らしい結婚式を企画し、形にしていく人々がいます。 今回ご紹介するのは、そんなお客さまの心にずっと残り続ける結婚式やブライダルに関わり、最高の場を演出する仕事です。 それぞれ活躍するシーンは異なりますが、皆、お客さまの笑顔を目指し、縁の下の力持ちとなって走り回っています。 さて、華やかな舞台の裏では、いったいどのような人々が活躍しているのでしょうか。

ウエディングプランナー

ウエディングプランナーは、結婚式を予定しているカップルのアドバイザーとなり、思い出に残る結婚式になるようプロデュースをする仕事です。

料理や衣装、ヘアメイク、演出などの事前打ち合わせからスタートし、式の当日には会場のチェックや関係者との打ち合わせ、進行状況のチェックなどを念入りに行います。

お客さまの希望や要望をしっかりと聞きながらも、そこにプロとしてのアドバイスを加えていき、結婚式をトータル的にサポートします。

ブライダル企業社員

ブライダル企業社員とは、結婚式場などを運営したり、挙式から披露宴までの企画や演出などを行ったりする会社に社員として勤める人のことをいいます。

ブライダル企業では、ウエディングプランナーをはじめ、ブライダルディレクターや司会者など結婚式の現場に直接携わる人のほか、新規のお客さまと商談をする営業や会社を支える広報・管理部門など、多様な職種に就く人が活躍しています。

ホテルスタッフ

ブライダルに関わるホテル従業員は、「婚礼」を事業の大きなひとつの柱とするホテルにおいて、お客さまにとって魅力的なウエディングプランを企画したり、結婚式当日のスタッフとして、新郎新婦やゲストへ実際にサービスしたりする人のことをいいます。

多くのホテルがブライダルに力を入れているため、独自性を打ち出しながら、「ここを選んでよかった」と思われる企画やサービスを提案する必要があります。

メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストは、俳優女優、モデル、タレントなどにプロフェッショナルなメイクを施す技術を持った人のことをいいます。

メイク以外にもヘアセットやドレス・着物の着付けを行うこともあり、目的や状況に応じて、その人を美しく魅せるためにはどうすればよいのかを考えます。

実力を付けることで独立したり、テレビ局やブランド、ファッションデザイナーと専属契約を結んだりして働く人もいます。

ブライダルスタイリスト

ブライダルスタイリストは、結婚式を挙げる新郎新婦をはじめ、結婚式に関わる人のスタイリングを提案する仕事です。

メイクアップやドレスアップの知識や技術を持つスタイリストのなかでも、ブライダルという特別な1日を、「美」の面から演出する役割が期待されます。

お客さまの希望や会場の雰囲気を踏まえたうえで、お客さまの魅力を引き立たせるドレスやヘアメイク、アクセサリー、ブライダルエステなどを提案します。

パーティーコンパニオン

パーティーコンパニオンとは、ホテルなどでパーティーが開催される際に、接待役としてお客様に料理や飲物を提供したり、いろいろなお客様と話をしたりしながらパーティーを盛り立てる人のことをいいます。

基本的なマナーとコミュニケーション能力が必要とされます。

「パーティーの華」としての役割が期待されるため、基本的には女性の活躍が中心となっている仕事です。

調理師

ブライダルに関わる調理師は、主にホテルやレストランで結婚式を挙げるお客さまとそのゲストに対して提供する料理を作る仕事です。

料理の仕事に就く人のなかでも「調理師」と名乗れるのは調理師国家試験に合格した人のみとなっており、一人前になるには見習いからスタートし、技術を磨く必要があります。

お客さまの料理の好み、要望を把握したうえで、一生の思い出に残る味を生み出していきます。

カメラマン

ブライダルに関わるカメラマンは、お客さまの結婚式の際に新郎新婦やゲストの写真を撮影し、素晴らしい1日を写真に残す仕事です。

結婚式場やブライダル関連会社に勤める人もいれば、フリーランスの形で案件ごとに仕事を請けて働く人などまちまちです。

結婚式当日の写真は撮り直しがきかないため、一瞬一瞬をおろそかにせず、最高の表情やシーンを撮影する集中力と技術が求められます。

映像制作スタッフ

ブライダルに関わる映像制作スタッフは、挙式から披露宴までの様子を撮影し、映像に残す仕事です。

結婚式前にはお客さまやウエディングプランナーなどと打ち合わせを行い、当日の撮影を終えたら編集作業を行い、BGMやテロップなどを付けてお客さまに納品します。

結婚式の映像は長きに渡って残されていくものとなるため、いつ見ても当日のことが思い出されるような感動的な作品に仕上げる必要があります。

牧師

牧師とは、キリスト教のなかでも、プロテスタントにおける聖職者のことをいいます。

牧師は日々、教会において礼拝を行ったり洗礼をさずけたりしますが、プロテスタントには階級がないため、牧師も聖職者ではなく、一般信者と変わらない身分となっていることが特徴です。

したがって、牧師は一般信者と同じく結婚することができますし、宗派によっては女性も活躍することができます。

神父

新婦とは、キリスト教のなかでも、カトリックおよび東方正教会における聖職者のことをいいます。

神父の世界は教皇をトップに置いた序列があり、神父(司祭)は、この組織の中で神聖な仕事をする聖職者としてミサ(礼拝集会)を行ったり、信者に洗礼を授けたりするなどの権限と地位を与えられています。

原則的に結婚を禁じられていることに加え、女性は神父になれないという特徴があります。

「結婚式」というととても華やかな印象がありますが、その感動的な場の裏では、大勢のスタッフが協力しながら地道に仕事をこなしています。 ここで挙げた職業は、決して自らが目立つ仕事ではありませんが、自らの頑張りによってお客さまの喜ぶ顔を見たり、「ありがとう」の声をもらったりすることができます。 人を喜ばせたい気持ちが強い人であれば、きっとやりがいをもって働くことができるでしょう。