映像制作をする職業、仕事

映像作品が好きな人であれば、これまでに一度くらいは、自分でも素晴らしい映像を撮影したり、作ってみたりしたいと考えたことがあるかもしれません。 一般的に「映像」といえばテレビや映画、アニメーションの分野での活躍がイメージされがちですが、最近ではCG技術も発展し、映像制作に携わる人が活躍できる世界も広がっています。 また、実力をつけることで独立して働いたり、海外で活躍したりする人も大勢います。 ここでは、そんな映像制作に関わる職業や仕事のうち、代表的なものを紹介していきます。

映像クリエイター

映像クリエイターは、テレビの番組制作や編集、テレビコマーシャル、Webコンテンツ、さらにはアニメーションやゲームといった多岐にわたる分野で、さまざまな映像を制作する人のことをいいます。

映像クリエイターは、主にプロデューサーやディレクターといった企画・制作に携わる人と、撮影やCG制作、編集、音声など専門技術を要する仕事に携わる人の2種類に分けることができます。

実力次第で幅広い活躍が期待できますが、映像を作品として仕上げていくイメージ力や美的センス、また映像に関する専門知識と技術などが求められ、一流クリエイターとして成功することは簡単ではありません。

映画監督

映画監督は、映画制作の現場において全体の指揮をとり、あらゆる決定を下す仕事です。

キャスティングやスタッフ編成のほか、脚本家と一緒にストーリーや構成を考えたり、撮影中には演技指導やカメラワークに対する指示を出したりします。

また、撮影後は編集作業にも関わり、自分の頭の中でイメージしていた世界観を作品として仕上げていきます。

実力次第で大きな名誉が得られる仕事ですが、美的センスや創造力、さらには多くの人を束ねて動かすリーダーシップなどが求められます。

映像や撮影技術、映画製作に関するさまざまな専門知識も不可欠です。

撮影監督(映画カメラマン)

撮影監督は、撮影技術に関する深い知識を持ち、映画・テレビなどの映像作品を作る際の現場でさまざまな決定を下す人のことをいいます。

「映画カメラマン」と呼ばれることもあります。

映画監督が映画作品全体の責任者としての役割を担うのに対し、撮影監督は映像の責任者として、画面に映る「絵全体」を見て、その良し悪しを判断します。

構図や照明、カメラワーク、アングル、色彩調整などあらゆる部分にこだわり抜き、他の撮影スタッフと連携をとりながら、映画監督などが理想とする絵が完成するように指示を出したり、自ら撮影に臨んだりします。

TVディレクター

TVディレクターは、主にテレビ局やテレビ制作会社に勤務し、番組制作の現場において指揮をとっていく仕事です。

ひとつの番組を作るには照明、音声、美術、演出など大勢のスタッフが一斉に動くため、そのスタッフたちを上手に動かしながら、現場作業が滞りなく進むように努めます。

俳優に直接演技指導を出したり、急なトラブルが発生した際に指示を出したり、生放送中の進行を管理したりすることもTVディレクターの大事な役割です。

TVの世界における現場監督といえるでしょう。

プロデューサーと協力して、番組の新しい企画を出すことも日々行っています。

映像カメラマン

映像カメラマンは、映画やテレビなどあらゆる映像作品の制作現場において、高度な撮影技術と知識を駆使して目の前の様子をカメラに収めていく仕事です。

企画内容や現場の状況に応じて、常にスムーズに、正確に、美しく撮影していくことが求められるため、機材を確実に扱う力はもちろんのこと、冷静な判断力や周囲とのコミュニケーション能力、またとっさのトラブルに臨機応変に対応する力なども求められます。

撮影スタジオや屋外ロケでの撮影を行うだけでなく、暗闇や水中での撮影など、特殊な環境での撮影を専門にするカメラマンもいます。

アニメーター

アニメーターは、デッサン力や画面構成力を生かしてアニメーションの基となる絵を描く仕事です。

アニメーション作品は膨大な枚数の絵から成り立っており、動画のポイントになる絵を描く人は原画マン、その間のコマを描いていく人は動画マンと呼ばれます。

一流のアニメーターになるまでには長い下積み時代を経験する必要があり、一般的には動画からスタートし、次第に原画作業へとステップアップします。

さらに力がつくと、原画マンと動画マンが描いた絵をチェックする作画監督になることもできます。

アニメ制作会社やプロダクションに所属して働く人のほか、フリーランスとして絵を描く人もたくさんいます。

CGデザイナー

CGデザイナーは、コンピューターを使い、2次元または3次元のグラフィックスを作成する仕事です。

現代はCG技術が発展し続けており、CGデザイナーが作ったグラフィックスは、映画、ゲーム、アニメーションといった映像系作品のほか、建築や車、機械の設計まで、多岐にわたる分野で扱われています。

具体的な作業としては、専用ソフトを用いてデッサン画を元に形状データを起こす「モデリング」を行い、画面に配置したのち、光源などを加えながらリアルな形状にし、必要に応じてさまざまな動きや効果を加えていきます。

主な活躍の場としては、CGや映像関連の制作会社、デザイン事務所などがあります。

映像の仕事は、基本的に「実力重視」の世界です。 専門知識や技術、そしてセンスがあれば、学歴や資格は問われないことが多いです。 ただし、大手のテレビ局で映像制作に携わりたいといった場合には、大卒以上の学歴が求められることも多いため、事前によく確認しておくことが大切だといえるでしょう。