救助に関わる職業・仕事

「日本は世界のなかでも安全で暮らしやすい国」というイメージを持っている人も多いようですが、私たちが当たり前のように日常生活を送れるのは、日頃から世の中の治安を守ってくれ、そして命に関わるような危険があった際には、一番に私たちのことを助けてくれるスペシャリストたちの活躍があるのです。 今回は、特殊な訓練を乗り越えたり専門性を生かしたりしながら人々の暮らしを守り、人の命を救うさまざまな仕事について紹介していきます。

消防士

消防士は、火災の消火活動や救急活動によって、人々の暮らしと命の安全を守る仕事です。

地方自治体の消防本部や消防署に所属し、火災が起きた際はいち早く出動し、出火を食い止めながら人命救助を行います。

そのほか、山や河川などで事故に巻き込まれた人の救助活動や、火災が起きないための啓蒙活動、さらには建物の検査を行って防火上の安全性を確認する予防活動なども積極的に実施しています。

レスキュー隊

レスキュー隊は正式名称を「特別救助隊」といい、消防士のなかでも選りすぐりの体力・技能・知識を持ったスタッフのみで構成された人命救助の専門部隊です。

各自治体の消防署に配置されており、とくに交通事故や火災、自然災害等における人命救助に積極的に関わる仕事であり、幅広いシーンで活躍します。

日常的な消防活動だけでなく、水難救助隊や山岳救助隊を兼任しているケースも多く見られます。

自衛隊

自衛隊とは、日本の平和と安全を守り、外部からの侵略に対して防衛することを目的に作られた組織で、「陸上自衛隊」「海上自衛隊」「航空自衛隊」の3つに分かれています。

それぞれの自衛隊に所属して働く人を「自衛官」と呼び、防衛活動のほか、災害時には警察や消防と連携をとって救助活動を行うなど、その業務範囲は多岐に渡ります。

自衛隊では、日頃から厳しい訓練をして有事に備えています。

警察官

警察官は、国民の暮らしや安全を守る仕事です。

警察の組織は、国家に関わる公安や警察組織全体の調整を行う「警察庁」と、各都道府県の地域で発生した事件を担当する「都道府県警察」に分かれています。

都道府県警察には、110番対応やパトロールを行う「地域警察部門」、ストーカーや少年の非行などの犯罪に取り組む「生活安全部門」、白バイに乗って速度違反の取り締まりや交通規制を行う「交通部門」などがあり、各部門において各警察官が職務をまっとうし、治安維持に努めています。

救命医

救命医とは、救急治療を専門とした医師のことをいい、医師免許が必要な仕事です。

主に大きな病院の救命救急センターなどで活躍しており、救急隊と連携をとり、命に関わる病気や怪我などで搬送された患者さんの蘇生を行いながら初期診療や緊急手術を行います。

そのほか、ICUといわれる重症管理ユニットで生命維持のための投薬や処置を行ったり、救命によって急性期を乗り越えた患者さんを一般病棟で治療にあたったりします。

救急看護師(救急外来の看護師)

救急看護師とは、看護師のなかでも救急医療施設やドクターヘリなどにおいて、救急処置を施す看護師のことをいいます。

具体的には、心臓や呼吸が止まってしまった患者さんへの救急蘇生処置、出血を止める止血や包帯法、骨折時の処置などの応急処置などを行うほか、医師が行う救急治療の処置介助を行ったり、患者さんの心のケアや生活行為支援にも関ったりするなど、業務内容は多岐に渡ります。

救急救命士

救急救命士は、おもに消防署に勤務して救急車に同乗し、傷病者を病院まで搬送する間に救急救命の処置を行う仕事です。

すべての救急救命処置は必ず医師の指示の下で行われ、手遅れになることのないよう最善を尽くして必要な医療行為を施します。

日頃からいかなる状況にも対応するための救急訓練をこなしているほか、応急手当等の啓発活動、救急講習、救急車の設備確認等も行います。

山岳救助隊

山岳警備隊は、山々での事故を防ぐために安全を呼びかけたり、遭難者の救助に当たったりする仕事です。

警察官のなかでも、体力と適性があると認められ、厳しい訓練を乗り越えた救助のスペシャリスト集団です。

山という特殊な環境で人の命や安全を助けるため、山中で必要となるロープの結び方から遭難者をせおっての下山など、救助に必要なさまざまな知識と能力を身に付けている必要があります。

海難救助隊

海難救助隊は、海上における海難事故や遭難者の救助にあたる仕事です。

海難救助は海上保安庁の潜水士なども行っていますが、四方を海に囲まれた日本では海での事故が多く、また領海内における警備活動も必須となるため、沿岸の有志が補助的な役割を担っています。

そのほか、都道府県の警察や消防にも水難救助隊というものが設置され、同様の仕事に携わっています。

潜水士

救助に関わる潜水士とは、海上保安庁に所属し、海のなかでの人命救助などに携わる仕事です。

海上保安官の中でも特別かつ過酷な訓練を重ねて高度な技術を身につけており、さらに国家資格である潜水士の資格を取得した人のことをいいます。

海上保安庁の潜水士として一定期間活躍し、さらに適性があると認められれば、より高度な能力が求められる特殊救難隊の訓練も受けられるようになります。

ライフセーバー

ライフセーバーは、主に海水浴場やプールにおいて、人命救助や事故防止活動に携わる人のことをいいます。

心肺蘇生の知識や人命救助の能力、事故を未然に防ぐ危機管理能力が必要とされ、代表的な資格として「日本ライフセービング協会(JLA)」が定めるものがあります。

海などで溺れた人を助けるのみならず、人々が安全で、楽しく水遊びができるような環境づくりをすることも仕事の一部です。

海や山など、たくさんの自然にも囲まれている日本。 そのような特殊な環境で人命救助をする人もいれば、もっと人々の日常の暮らしに寄り添って世の中の安全を守る人など、救助に関わる職業にはさまざまなものがあることがわかります。 ただし、これらは専門性を要する職業が多いため、目指す場合はなるための方法をしっかりと確認してみましょう。