インテリアに関わる職業、仕事

テーブル、ソファ、照明、カーテン…私たちは日々、さまざまなインテリアに囲まれて生活しています。 最近ではテレビや雑誌などでオシャレな家具が取り上げられることが増え、一般の人でもインテリアに強くこだわったり、興味を持って勉強をしたりすることが多くなっているようです。 そんなインテリアに仕事として関わっていくためには、センスや感性はもちろん、住宅や建築などに関する専門知識も必要とされます。 今回はインテリアに関わる代表的な職業の仕事内容や特徴を紹介していきます。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、住宅やオフィス、店舗、レストランなどのインテリアについてアドバイスをする仕事です。

依頼主の要望をヒアリングしたうえで、配色や配置も考えながらさまざまインテリアを選び、快適な空間を作り上げます。

インテリアの幅広い知識を持っていることはもちろんですが、依頼主のライフスタイルや好みなどをしっかりと聞き出し、ニーズに合うものを提案する能力が求められます。

住宅設備メーカー、設計・デザイン事務所、インテリアショップ、百貨店など勤務先は多岐にわたり、フリーランスで活躍する人もいます。

インテリアデザイナー

インテリアデザイナーは、住居やホテル、オフィスなど、あらゆる室内空間の環境設計や、家具やカーテン、照明器具などのインテリアをデザインする仕事です。

「空間」と「インテリア製品」はそれぞれ分業されているケースが多いですが、なかには一人のデザイナーがトータル的に担当する場合もあります。

主な活躍の場は家具メーカーや設計事務所などとなり、勤務経験を積むと独立して働く人もいます。

一人前になるには建築学やデザインなどの知識を身に付けていることはもちろん、人間工学や行動学、心理学にも精通している必要があります。

空間デザイナー

空間デザイナーは、室内・室外問わず、あらゆる空間を快適に設計・デザインする仕事です。

公共施設の内装設計、店舗やホテルなどの内装や調度品などの設備設計などに携わり、その場所をどうすればより快適に、美しく見せられるかといった観点からプロデュースしていきます。

ときには店舗などのディスプレイや商品の陳列方法にも関わり、その場に合った雰囲気づくりや演出のアドバイスも行います。

インテリアや建築の幅広い知識と感性、センスなどが求められる仕事であり、主に設計・デザイン事務所や建築会社などで勤務しています。

建築士

建築士は、建築物の設計および工事の監理を行う仕事です。

住宅から高層ビルまでさまざまな建物の設計図を描き、その設計図をもとに建築現場で指揮・監督をします。

内装のデザインだけではなく、安全性や耐震性などを考慮した構造設計や、電気や空調などの設備設計に関しても建築士が担当します。

必要な資格として「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」の3種類があり、それぞれ設計できる建物に違いがあります。

商業施設など大きな建物の場合、複数の建築士が分担して設計を行うこともあります。

CADオペレーター

CADオペレーターは、「CAD(Computer Aided Design)」という図面作成ソフトウェアを使って、設計士やデザイナーの指示の下、平面図(2次元)や立体図(3次元)を作成する人のことをいいます。

CADは高度で複雑な図面を短時間で作成することができるため、インテリアをはじめ、建築、機械、電気、アパレルなどさまざまな業界で活用されており、オペレーターも力を発揮しています。

一人前のオペレーターとして活躍するにはCADの扱い方をしっかりと身に付ける必要があるほか、パソコンに向かっての細かな作業が多いため、慎重さや集中力も要します。

家具職人

家具職人は、家具デザイナーが設計した図面に基づいて、主に木材を使って家具を製作する仕事です。

技術の発展によってオートメーション化が進む家具工場が増えているものの、一部の作業は手で行う必要があることも多く、さらにオーダーメードによって全て手作業で製作することもあります。

オーダーメードの場合、設計図通りに木材を切り出し、穴やホゾの加工を行い、組立、塗装、仕上げまで行います。

家具の製造会社や工房で経験を積めば独立も可能であり、また小さな工房では家具職人が家具デザイナーを兼務しているケースもあります。

家具ショップ店員

家具ショップ店員とは、家具の専門店あるいは百貨店の家具売り場など、インテリア商品を扱う店舗で働く人のことをいいます。

お客さまを明るい笑顔でお迎えし、相手の要望や部屋の大きさ、雰囲気などに合った商品選びのアドバイスと販売をすることが中心業務となりますが、商品の在庫管理や仕入れ、発注業務、店内ディスプレイ、清掃など、仕事内容は多岐にわたります。

経験を積むことで副店長や店長といった立場にステップアップし、スタッフの育成・指導や売上管理など、より重要な仕事を任されるようになります。

左官

左官とは、建築工事において、壁などを「こて」を使って塗る職人のことをいいます。

砂壁や漆喰タイル貼りやレンガ・ブロック積み、コンクリートの床仕上げなども左官の仕事です。

左官工事は、壁の見た目を美しくすることだけでなく、建物の耐久性や断熱・省エネなどの快適性を高めるうえでも重要な役割を果たします。

日本の伝統的な建築物には欠かせない存在であったほか、近年では人々の健康志向や環境への意識の高まりから、自然素材を使った塗り壁の需要が高まりつつあり、左官の新たな活躍のチャンスが広がっているとされます。

ひとくちにインテリアに関わる職業といっても、インテリアを作り出す人から売る人、またインテリアを使って空間をデザインする人まで、様々な役割を持つプロフェッショナルが活躍しています。 いずれも美的センスや感性だけでなく、建築やインテリア、住宅事情などに関する専門知識が求められますが、とくに設計やデザインに関わる仕事の場合、実力をつければ独立できる職業も多くなっています。