デパートに関わる職業、仕事

洋服に宝飾品、家具、雑貨、玩具、食品…など、大型の建物の中に、多様なジャンルの商品がいつでも豊富に揃っているデパート。 「流行の発信地」として、子どもから大人まで幅広い年代の消費者を魅了させてくれますが、そこでは表舞台に立つ人から縁の下の力持ちとなって店舗運営を裏で支える人まで、大勢のスタッフが日々汗を流しています。 ここでは、そんなデパートに関わるさまざまな職業のうち、代表的なものの一部を紹介します。

販売員(ショップ店員)

販売員は、店頭に来店されたお客さまに対して接客を行い、商品を販売する仕事です。

取り扱う商品に対する正しい情報を持ち、お客さまに商品の魅力をわかりやすく伝えることで、店の売上アップに貢献します。

ただ売るだけではなく、お客さまの求めているものを敏感に察知し、相手が喜ぶためのサービスを提供することが大切です。

販売員の質で売上が変わることも多く、店の「顔」であるという自覚が求められます。

バイヤー

バイヤーは、店頭に並べる商品を買い付ける仕事です。

洋服や靴、宝飾品などのファッションアイテムをはじめ、家電や食品、雑貨など各ジャンルの商品を担当するバイヤーがおり、それぞれ売れそうなもの、人気が出そうなものを見極めて仕入れていきます。

生産元との交渉や市場調査をはじめ、売るための企画を考えることも重要な仕事の一部です。バイヤーが仕入れた商品によって、新たな流行が起こることもあります。

MD(マーチャンダイザー)

MDは「マーチャンダイザー」のことをいい、商品開発や販売計画、予算管理などを総合的に行う仕事です。

市場調査からはじまり、どのような商品を仕入れていくかを決定すると、自らバイヤーと一緒になって商品を仕入れることもあります。

販売や流通に関する知識はもちろん、販促活動に携わることも多いため、データを読み解く分析能力や判断力、経営感覚、そして流行に対する嗅覚も求められます。

商品管理

商品管理は、仕入れた商品の在庫量を把握し、在庫品の品質保持を担う仕事です。

もし在庫切れが起これば販売のチャンスを逃してしまいますし、過剰在庫になればコストが膨れ上がってしまうため、多種多様な商品を扱うデパートにおいて商品管理をすることは非常に重要です。

事務作業が中心となりますが、需要を把握して予測する力や経験が求められる仕事です。

プロモーション

プロモーションは、販売促進活動に関わる仕事です。

どれだけ素晴らしい商品があったとしても、人々に知られなくては売上につながりません。

プロモーションの仕事では、商品を魅力的に伝える方法を考え、ポスターなど効果的な方法で宣伝を行い、ときには自ら店頭販売や実演などを通して、直接消費者に訴えかけていきます。

お客さまの声に耳を傾けて、より効果的な販売促進活動を考えていくことも大事な仕事です。

店舗企画

店舗企画は、店舗の新規オープンやリニューアルをする際に、より多くのお客さまに満足してもらえ、収益の上がる店舗となるようさまざまな側面から企画、設計していく仕事です。

物件の立地や規模からはじまり、内外装のデザインや設計・施工、さらには広告戦略等まで、広くプランニングする役割を担います。

マーケティングや設計担当者など、多数のスタッフと協力して店舗を創り上げていく中心人物として活躍します。

法人営業

法人営業は、官公庁や企業などの法人に対してセールスプロモーションを行ったり、各種商品の営業活動を行う仕事です。

たとえば、企業が創立記念などのイベントで配る記念品の企画・提案を行ったり、業務で使用するユニフォームを一括受注するなど、百貨店ならではの確かな品質を強みに、お客さまに対して適切な提案を行い、成果に結びつけて行きます。

外商営業

外相営業は、百貨店をよく利用するお客さまの元を訪問し、直接商品を売り込む仕事です。

お得意様との信頼関係をじっくりと築き、相手のニーズを把握して、相手の求めるものを自ら提案する機会も多くあります。

多種多様な商品に対する知識に加え、さまざまな方と会話を成り立たせるための高いコミュニケーション能力、そしてお客さまから「この人なら任せられる」と思っていただくための豊かな人間性が問われる仕事となります。

インフォメーション(受付)

インフォメーションは、館内の総合案内人として、お客さまのさまざまな質問やリクエストに応えながら、おもてなしをする仕事です。

通常、入口付近のカウンターで業務にあたることが多く、百貨店の「顔」となり、あらゆるお客さまに安心して快適に買い物をしていただけるようにサポートしていきます。

館内に関するあらゆる知識を有していることはもちろん、言葉遣いや身だしなみにも気を配り、どのようなお客さまにも好感を持ってもらえるような接し方をする心がけが必要です。

デパートといえば、直接私たちと接する機会の多い「販売員」を思い浮かべる人が多いかもしれません。 しかし、実際には先に挙げたように商品を仕入れる人から、商品の魅力を伝えるための企画を考える人など、さまざまなスタッフが活躍しています。 デパートでは、それぞれのプロフェッショナルたちが協力し合いながら、消費者の心を掴むために日々奮闘しています。