人事のやりがい、魅力

組織経営を支えている実感が味わえる

人事は、組織に不可欠な人材の成長と活躍を支える仕事です。

良い人材を採用し、教育することはもちろん、評価制度を整え、個々が能力を最大限に発揮できる環境をつくり出していくことが人事の役目です。

短期間での成果は見えにくい仕事であるものの、たとえば1年を終えたときに退職者が減っていたり、会社の業績が上がっていたりすれば、それは人事の力も大いに影響しているといえます。

表舞台に立つことはあまりないものの、人事は企業経営には不可欠なポジションです。

若くても、経営と密接に関わりながら仕事を進めていけることは、この仕事の最もエキサイティングな部分です。

採用した人の成長を感じたとき

人の成長に関われるところも、人事の仕事の醍醐味だといえるでしょう。

自分が採用や新人教育に関わった人材が、入社後にどんどん成長し、社内で力を発揮しているのを見たときは、何ともいえない喜びと感動に包まれます。

そのような気持ちを味わえることは、一人ひとりの人材と密に関わっていく人事の特権といえます。

また、どんな人にとっても、その会社に入社するということは人生の大きなターニングポイントとなります。

そこに立ち会うことができ、サポートできる仕事に就けること自体が、人事の仕事の魅力だといえるでしょう。

答えのないものを突き詰めていけること

人事の仕事は常に「対人間」です。

「人」というものはとにかく奥が深く、絶対的な正解がない中で、その相手にとって良い方向に向かうことを考えていかなくてはなりません。

答えのない仕事をすることは、考えようによってはものすごく大変なことかもしれません。どれだけ経験を積んでも、一筋縄ではいかないのがこの仕事です。

しかし、予期せぬ方向に事が進むことさえも、この仕事の面白さなのだと感じられるようになれば、人事の仕事はさらに楽しくなります。

また、たくさんの人に関わるからこそ、自身も大きく成長していくことができます。