人事の社内での位置づけ、役割

裏方として「人」の面から会社を支える

人事は、総務や経理などと同様に、いわゆる「間接部門」に分類される職種のひとつです。

お客さまに売る商品やサービスを開発したり、作ったものを提案する仕事とは異なり、裏方として企業そのものの制度や体制を整えることを役目としています。

そのなかでも、人事は組織で働く「人材」を対象とする仕事をすることが一番の特徴です。

人材の採用活動からスタートし、社員教育・研修、社員評価および昇進・昇格の決定、そして労務管理など、あらゆる仕事が、個々の従業員に深く関わっていきます。

普段は目立たない存在ですが、人事がきちんと機能していなければ、従業員がモチベーションを保ったまま働けなくなってしまったり、良い人材が集まらなくなったりして、結果的に組織の衰退にもつながってしまう可能性があります。

普段、営業のように直接売上をつくることはしていませんが、企業を継続的に発展させていくために、とても重要な役割を担っているのが人事という職種です。

経営トップとの関わりも深い

人事の仕事は、会社を引っ張っていく経営者とも密接に関わっていきます。

どのような人材を採用するか、どのような評価制度を作るかといった人事の仕事は、すべてこれからどのような組織を目指していくのかということ、すなわち中長期的な経営計画とリンクしていくものだからです。

実際、経営者とやりとりをしながら仕事を進める機会も多く、常に会社全体のことを考えていくため、いち部門だけで完結しない、社内全体を見渡すポジションにいるといえるでしょう。

会社の「顔」にもなる

採用活動においては、全社員のうち、志望者や内定者と最も接する機会が多くなるのが人事担当者であることも珍しくありません。

志望者の立場からすれば、説明会や面接で出会った人事の印象によって、その会社のイメージが良いほうにも悪いほうにも変わる可能性があります。

外部に会社のことをPRする立場として「広報」という部門がありますが、人事も会社の「顔」としての役割を持っているといえるでしょう。