人事の仕事、業務内容

「ヒト」に関わるあらゆる業務をこなす

人事とは、企業などの組織において、「人材」に関わるあらゆる業務に携わる仕事です。

組織運営を行う際に必要なリソースとして、しばしば「ヒト・モノ・カネ」が3大要素として語られますが、このうち「ヒト」に深く関わっていくのが人事の役目です。

多くの組織では、「人事部」をひとつの独立した部門として設けているか、「総務部」の中に人事を置いており、間接部門として企業活動を支えています。

人事の具体的な仕事とは

人事の仕事内容は、具体的に以下のような種類に分けることができます。

人材採用

どの企業においても、人材の活躍なくして組織の発展はありません。

より良い人材を採用し、その人材をどう生かしていくか。人事は、企業活動をするうえで不可欠なこの要素について経営陣とともに検討し、実行していきます。

評価

社員がモチベーションを維持しながらイキイキと働き続けることができるように、公平性や透明性を保った評価制度や報酬制度の構築を行います。

昇進や昇格の決定等にも関わります。

教育研修

社員のスキルアップを目的とした教育や研修の企画を立て、実行に移します。

人事企画

企業が掲げる経営目標を達成するための部門構成や人材配置を行います。

労務

勤怠管理、給与計算、福利厚生業務、社会保険手続きなどを行います。

経営に近い立場で仕事をする

このように、人事は優秀な人材を採用し、その人たちが活躍しやすい環境づくりや、安心して働ける環境づくりを行うことによって、組織の発展に尽力します。

また、人事の仕事の大きな特徴は、経営に近い立場にあるということです。

人材の採用も教育も、あるいは評価制度も、すべて単独で存在するわけではなく、経営計画の中で練られていくものだからです。

実際、小さな組織の場合には、経営者自らが人事に携わっていることも珍しくありません。

人事が扱う情報には社員一人ひとりの評価など機密事項なども多く、責任感と使命感を持って業務に臨む姿勢が求められます。