人事の種類

人事の業務領域は幅広い

企業にとって、最も大切な経営資源といえる「人材」を管理する人事。

その業務領域は多岐にわたっており、また時代の変化とともに、さらに広がりを見せつつあります。

このような事情から、とくに従業員数の多い大企業においては、人事部の中でも個々の担当者が分業して仕事を進めることが一般的となっています。

人事であることには変わりませんが、その仕事内容は、大きく以下のような種類に分けることができます。

人事の仕事の種類

人材採用

新卒採用や中途採用を行い、先々を見据えたうえで、組織に必要な人材を確保します。

会社説明会や就職試験の運営、プレゼン資料作成、志望者や内定者への連絡などの各種業務を担当します。

教育研修

人材育成計画に基づいて、従業員の教育および研修を企画・実行します。

教育研修後のスキルの向上、パフォーマンスについての管理も行います。

人員の配置計画

転勤・異動、昇進・昇進、配置決定・退職、解雇といった、定期的あるいは不定期で行われる人員の配置について、必要な制度を整えたり、各種手続きを行います。

保険加入手続き

健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険など、従業員が加入する各種保険の手続きを行います。

その他

価値観が多様化し、ワークライフバランスが強く謳われるようになっている現代においては、「社員の働きやすさ」を重視した職場づくりに取り組む企業が増えています。

人事もそうした点には大きく関与しており、たとえば独自の休暇制度や各種補助制度の整備、社内行事の企画運営、オフィス環境の整備など、さまざまな業務に取り組んでいます。

労務のポジションが別で置かれている企業も

一部の大手企業中心ですが、上記の仕事のうち、保険加入手続きや就業規則等の整備・企画を行う仕事に就く人は、「労務」という職種に就いていることもあります。

その場合、「採用、異動、退職」という一連の流れを担うのが人事、そうでない部分は労務といったように、役割が分けられていることが一般的です。