人事の給料・年収

平均年収

人事の給料は、勤務先となる企業の規模や経験、年齢などによって異なりますが、平均年収は450万円程度といわれています。

20代の若手から40代以上のベテランまで幅広い年齢層の人が活躍している仕事であり、全体的に飛びぬけて高い給料がもらえるわけではありませんが、管理職にまで昇進してマネジメントに携わるようになると、年収1000万円以上を得ている人もいます。

勤務先が大手になればなるほど高い年収を得ている人が多い傾向にあり、企業規模が年収に反映されやすい職種といえそうです。

ただし、ベンチャー企業など小規模の組織では、人事の仕事を一人が全般的にこなしていたり、総務や経営企画の仕事などまで兼任していたりする人もおり、その場合、かなり良い待遇で働いているケースもあります。

人事としてのステップアップ

人事部に配属された場合、役職のない一般社員からスタートし、実力や経験に応じて係長、課長、部長といったようにステップアップしていく流れが一般的です。

人事は組織の「人材」に関するあらゆることを扱うため、専門的な知識を得たり、経験を積んだりしなければできない仕事が多々あります。

一定以上の規模の組織では、人事部の中でも採用担当、研修担当、労務担当…といったように役割が明確に分けられていることが多く、各セクション内で専門性を深めていくことになります。

たとえば採用担当の場合、最初は先輩と一緒に新入社員研修など比較的簡単なことから携わり、実力を身につけるに従って人事採用の責任者となったり、社員教育のカリキュラムを開発したりと、より責任ある仕事を任されるようになります。

一方、小さな組織では各業務を手広くこなしながら、プレイングマネージャーを目指す人が多くなっています。

人事の仕事は、売上を出す営業のように目に見える成果が出にくいため、一見、評価がされにくいように思えますが、やれることが増えていけば役職がつき、給料にも反映されていきます。