人事部門で働くには

人事の活躍の場

人事はおもに、さまざまな企業の「人事部」や「総務部」で働いています。

人事は、企業活動をするうえで不可欠となる人材を扱う仕事であるため、あらゆる企業でその役割を持った人が活躍しています。

「人事部」をひとつの部門として設置しているところもあれば、「総務部」に人事の仕事も含めているところ、あるいは小さな組織の場合、経営者自らが人事に携わっているケースもあります。

一般的に、大手企業の場合は人事部を置いているケースが多いですが、業務量が多いため、人によって「労務担当」「採用担当」といった分業制で仕事をすることが一般的です。

一方、そこまで社員数が多くない企業であれば、人事の数もあまり多くなく、一人が複数の業務をこなすことも珍しくありません。

人事として就職するには

このように、人事の仕事はあらゆる企業において必要とされますが、じつは「人事職」の採用を行う企業はそこまで多いわけではありません。

新卒採用の場合は「総合職」として一括採用をする企業が多いでしょう。

その場合、入社後に個々の適性や希望に応じて配属先が決まりますが、人事のポジションが空いていなければ、当然、人事の仕事はできません。

人事は、営業などの職種に比べるとそこまで多くの人材を必要としていないため、新しく配属されても1人、あるいは数人というケースは珍しくありません。

ただし、企業によっては人事の職種で募集をかけることもありますし、別の職種に就いていた人が入社後に希望を出して、人事へ異動になることもあります。

学歴は、大手を中心に「大卒以上」が求められることが多いですが、この限りではありません。

一方、中途採用の場合は、ピンポイントで人事としての募集がかけられることが多いです。

その場合、退職などの理由によって人材が抜けた穴に対して募集をかけられていることが多いため、圧倒的に経験者が優遇されます。

新卒のように入社後に教育をゆっくりと行って育てるというよりも、即戦力としての活躍が期待されるため、人事、あるいは総務の経験がある人が優先して採用されやすくなっています。

人事に必要とされるスキル

この仕事に就くうえで絶対に必要とされる資格はありませんが、関連する資格として「社会保険労務士」や「衛生管理者」があります。

そのほか、労働法の知識、事務処理能力、パソコンスキルなどが仕事を進めるうえでは必要になってきます。

新卒の場合は入社時点での資格やスキルはほとんど重視されませんが、中途であれば実務経験はもちろん、これらの資格もアピール材料となるでしょう。

基本的にはデスクワーク中心の仕事でありますが、経営者や社員全員と深く関わっていく仕事であるため、柔軟なコミュニケーションをとれることも重要なポイントとなります。