人事と労務の違い

企業などの組織で活躍する職種のひとつに、「人事」や「労務」というポジションがあります。

どちらも「人材」を対象とした仕事を行っていますが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、人事と労務の仕事内容や、役割の違いについて見ていきたいと思います。

対個人か、対組織か

人事は、人材採用・育成、人材評価、異動や昇格、配置管理など、組織で働く「個々の従業員」を対象とした仕事をしています。

一方、労務は福利厚生管理や労働安全衛生管理、労使関係管理など、組織に所属する「従業員全体」にとって働きやすい環境を整えることを役目としています。

労働組合との折衝や調整も行います。

どちらも社員の管理という点では共通するところが多いですが、両者の違いを簡単にいえば、人事は「対個人」、労務は「対組織」の仕事となっています。

労務のほうが、より大きな視点を持って、組織で働く人材に関わっていくイメージとなります。

どちらも密接に関わっている

ただし、実際の組織においては、人事と労務は同じ人事系の仕事として認識されていることも多く、同じ担当者が両方の仕事に関わっているケースも多く見られます。

言葉としての定義の違いはありますが、人事も労務も、その目的は「人材の効果的活用を行うことによる組織の活性化」です。

とくに、従業員数がさほど多くない中小企業においては、人事部の中に労務を集約していることが大半であり、両者はまったくかけ離れた領域の仕事ではないと考えておいたほうがよいでしょう。

ただし、労務管理に関しては、労働基準法、健康保険法、労災保険法といったさまざまな法律の規制下で運用されるため、それらに基づいた管理を行っていかなくてはなりません。

人材に関わる仕事のなかでも深い専門知識が必要とされることから、大企業では分業制をとり、「労務部」や「労務課」を置いているところも珍しくはありません。