人事のキャリアパス

経験を積み、人事のプロフェッショナルへ

組織における「人材」にまつわる仕事をする人事。

日ごろから従業員のキャリアには密接に関わっていきますが、人事自身のキャリアパスとしては、いったいどのような可能性があるのでしょうか。

人事という仕事のひとつの特徴は、人材の採用から教育、配置、労務関連まで業務範囲が広いため、すべてについてしっかりとこなせるようになるには、それなりの時間をかけて経験を積んでいく必要があるということです。

また、人事の仕事を希望したうえでその職種に就いている人も多いことから、現場で経験を積んで「人事のプロフェッショナル」を目指していく人も多いようです。

ただし、とくに大手企業に多い例ですが、人事部の中でも「採用担当」「教育担当」「労務担当」といったように分業されているケースも見られます。

各業務で専門性を高めていき、それを強みとして活躍することも可能ですが、もっと広い視野を持って人事の仕事全般を突き詰めていきたい場合には、多様な業務を経験できる環境で働くことを考えたほうがよいかもしれません。

独立を目指す人も

人事は、企業の中でも経営と密に関連する仕事をこなしていきます。

そのため、人事として必要な実務スキルをアップさせていくことに加え、ビジネスや経営戦略についての知識やスキルを深めることができれば、いち人事担当者という存在を超えた、組織において欠かせない人材としての活躍が期待できます。

なお、人事として働きながら関連する社会保険労務士などの資格を得て、その後、独立する人もいます。

独立は決して簡単なことではありませんが、実務スキルに加えて営業力なども身につければ、成功するのも夢ではありません。

そのほか、企業のコンサルタントとしてステップアップしていくような人もいますが、このような仕事で結果を出していくためには、やはりまずは人事として広く深い知識を身につけて、実行していく力を得る必要があるといえるでしょう。