自衛隊の仕事内容

国の安全を守る自衛隊の活動

自衛隊は、日本の平和と独立を守り、国の安全を保つために国民と領土を防衛するための組織です。その歴史は古く、第二次世界大戦後の1954年に設立されました。

現在は全国におよそ260か所もの勤務地があり、23万人もの自衛官が所属する巨大な組織です。

自衛隊の活動には下記のようなものがあります。

防衛活動

日本の領空や領海への進入を防ぐ活動をしています。海上では海上保安庁と連携をし、不審船を確保することもあります。

緊急救助活動

地震や台風などの大規模災害が発生した際に、警察や消防などと協力をし、救助活動を行います。

国際平和協力活動

自衛隊の活動は国内だけでなく、災害派遣や国連PKOへの派遣など海外にも及びます。海外の紛争地域で、その地域の平和を維持するための活動をし、国際社会に貢献します。

「自衛隊」と一言でいっても、その業務は実に多岐にわたっているのです。

自衛隊の組織

自衛隊の組織は大きく3つに分かれています。「陸上自衛隊」「海上自衛隊」「航空自衛隊」です。

陸地を守る「陸上自衛隊」

自衛隊の中でも最大の規模を誇るのが「陸上自衛隊」です。

14万人もの隊員がおり、国内の駐屯地は160か所にのぼります。

陸上自衛隊は国民や国土を直接守るため、陸上での戦闘や情報収集、補給に当たるのが主な仕事です。

歩兵部隊や戦車隊などの部隊だけでなく、道路や橋を建設する部隊もあります。

また外国からの国賓(重要な客人)を警護するほか、不発弾の処理や災害時の給水をしたり、国際協力で現地の道路の補修をするような仕事もあります。

日本の領海を守る「海上自衛隊」

日本は国土全体を海に囲まれた島国であり、侵略の危険の多くが海からやってきます。

日本の領海を守り、海上からの侵略を防ぐのが海上自衛隊の役目です。

海上自衛隊は、日本の周りの広大な範囲を監視し、周辺の海域における海上交通の安全確保をしながら、日々防衛をしています。

日本の領海を侵犯した船は、まず海上保安庁が対応しますが、対応が困難だった場合には、海上自衛隊に引き継ぐことになっています。

また、海外において商船を海賊から護衛する任務を担当することもあります。

空の防衛を担当する「航空自衛隊」

「航空自衛隊」は日本に侵略してくる敵に対して、空での防衛を行います。基地は約270か所にあり、4万5千人の隊員が任務に就いています。

航空自衛隊は、日本周辺の領空を警戒・監視し、不法に侵入しようとする航空機に対して警告を与え、外国の航空機が不法に日本の領空を侵犯した際には、速やかに退去するよう対応をします。

状況によっては、自衛隊機がスクランブル発進をし、日本の空を守ります。

常に領空を監視し、航空機だけではなく、巡航ミサイルの監視も常時行なっています。

また、航空機の整備や航空管制なども航空自衛隊の役割の一つです。

自衛隊の部隊

防衛白書によると2011年3月時点での自衛官の内訳は陸上自衛隊140,278人、海上自衛隊41,755人、航空自衛隊47,123人、統合幕僚監部等3,464人となっています。
自衛官の現員22