自衛隊の異動・転勤

自衛官には異動がつきもの

自衛隊はわが国のなかでも非常に大規模な組織であり、全国にはおよそ260ヶ所もの勤務地があります。

このため、自衛隊に勤める人は、異動や転勤がつきものになります。

陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊のいずれの隊員の場合も、異動先は全国各地に及びます。

「出身地にしてほしい」「暖かい九州地方がいい」「東京の近くに住み続けたい」など個人の希望はいろいろとあるでしょうが、人数が多いこともあり、決して希望通りに異動できるわけではありません。

また、2年ごとに異動する人もいれば10年近く同じ基地に勤める人もおり、一概に「転勤スパンはこれくらい」とはいえないようです。

転勤が多いぶん福利厚生は充実しています。基地の近くには自衛隊の家族専用の官舎があるため、見知らぬ土地で何もわからないまま住む家を探さないといけないようなことはありません。

官舎の家賃は非常に安く、職場からも近いため、生活するには大変便利です。

転勤族の家族にはこんな苦労も

転勤があるたびに大変なのが、引越しの荷造りです。

自衛官の奥さんのなかには、日頃から「いつでも引越しができるように部屋の中を片づけている」という人も少なくないようです。

また、家の間取りが変わるたびに「家具がうまく配置できない」「荷物が押し入れに入りきらない」ということがあるため、できるだけ持ち物を少なくして生活しているという人もいます。

しかし、転勤が多いせいで何よりも大変なのは、家族の仕事や学校をどうするのかということでしょう。

頻繁に転勤があれば配偶者が定職に就くことは難しいですし、子どもも幼稚園や学校を何度も変わらなければいけなくなります。

自衛官の家族は、内示が出るたびに単身赴任をするのか、みんなで引越すのかについて話し合うことになります。