自衛隊に向いている人、適性

気力・体力がある人

自衛官は、有事の際に国民の命を守るために働くのが使命です。そのため、自衛官となる人には、やはり人並み以上の気力や体力が求められます。

入隊後に訓練を続け、いざというときに活躍するためには、やはりある程度タフでないと務まらないのです。

もちろん、身体的に問題を抱えていないかどうかも重要です。

入隊の時点でも、一定の基準以上の肺活量や視力や聴力があるかどうかがチェックされます。

協調性のある人

自衛官は、仕事において集団行動をする機会が非常に多くなります。

他国からの侵略や大きな災害が起きた際には、チームの中でそれぞれの役割を果たしながら任務を遂行しなければいけないからです。

こうしたチームワークを養うため、入隊後しばらくの間は自衛隊の基地内にある宿舎に寝泊まりして集団生活を送ります。

生まれも育ちも違う大人が同じ施設で生活をするわけですから、お互いに礼儀を尽くしたり助け合ったり譲り合ったりしなければ、トラブルに発展してしまいます。

こうしたことからも、自衛官は団体行動ができる協調性のある人が向いているのです。

冷静沈着に行動できる人

自衛官の仕事は、さまざまな危険と隣り合わせです。

訓練では銃のような武器を扱うこともありますし、航空自衛隊の場合は戦闘機や偵察機にも搭乗します。

また、災害時の派遣では余震や火災の続くなかで救出作業を行なうこともあるかもしれません。

こういった際、自衛官に常に求められるのは冷静な判断力です。

自分や救出者の身に命の危険が及ばないよう正しく判断して行動し、危険を察知した際にはすぐに臨機応変に対応しなければいけません。

冷静に行動できる能力があるからこそ、いざというときに身を守れるのです。