自衛官の仕事の種類

自衛隊には知られざる仕事も

「自衛官」と聞くとどんな仕事をしているイメージがあるでしょうか。

きっと、多くの人が「陸上自衛隊の戦闘部隊」や「海上自衛隊の通信員」「航空自衛隊のパイロット」のように、戦闘や防災に直接的に携わっている人のことを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし実は、「自衛官」には、100種類近くもの職域があります。

「戦闘」や「災害時の救援活動」に直接携わる人もいれば、そういった人たちを後方支援をするための「看護」や「衛生」に携わる人もいますし、「物資の調達」の計算を専門にする人や、訴訟や損害賠償の「法務」に携わる人もいます。

また、隊員の士気をあげたり広報活動を行ったりするための、「音楽隊」に入っている人もいます。

自衛隊は巨大な組織であり、その組織内であらゆる業務が遂行できるよう、実にさまざまな職種の人たちが働いているのです。

たくさんの専門職が自衛隊を支える

それでは、具体的にはどんな職域があるのでしょうか。「陸上自衛隊」「海上自衛隊」「航空自衛隊」のそれぞれの職務内容を見てみます。

陸上自衛隊

まずは「陸上自衛隊」です。

戦闘現場で戦う「普通科」「機甲科」「野戦特科」「高射特科」
情報や設備の面からバックアップする「航空科」「情報科」「施設科」「通信科」「武器科」「需品科」「輸送科」
隊員の生活や労働環境を整える「会計科」「衛生科」「警務科」「化学科」「音楽科」

などがあります。

海上自衛隊

次に、「海上自衛隊」です。

海上での戦闘には欠かせない「射撃」「水雷」「機雷掃海」「潜水」を担当する人
海上の安全を守るための「航海・船務」「通信」「気象・海洋」「機関」「艦船整備」「情報」を担当する人
艦載のヘリコプターに搭乗する「飛行」「航空管制」「航空機整備」
隊員の生活や労働環境を整える「経理・補給」「法務」「施設」「情報」「衛生」「音楽」

など多岐にわたります。

航空自衛隊

最後に、「航空自衛隊」です。

空の上での戦闘には欠かせない「飛行」「航空管制」「要撃」「高射運用」「プログラム」「気象」「通信電子」「武装」「整備」「施設」を担当する人。

さらに他の隊と同じように「衛生」「法務」「警備」「音楽」「会計」「補給」「輸送」を担当する人がいます。

職域がこれほど多岐にわたる職場は、そうそうありません。

組織の中だけであらゆる業務を遂行できるように、自衛隊はひとつの完結した組織として機能しているのです。