自衛隊の志望動機

面接では志望動機が必須

自衛官になるためには、試験での「口述試験」いわゆる面接に合格する必要があり、この面接では必ずといってよいほど自衛官への志望動機が聞かれます。

自衛官をめざす人の多くが、その理由として「人を助けられるような仕事がしたいから」「国を守るために働きたいから」と言います。

他の受験生と差をつけるためには、より具体的にこういった志望動機について語れることが必要です。

たとえば、人の命を助けるために自衛隊に入りたいという人の場合は、阪神大震災や東日本大震災のような災害時の自衛隊の活動についての例を出しながら、志望動機に結びつけるという方法があります。

「阪神大震災の際に自衛隊員が的確な救助活動で子どもの命を救っているのをテレビで見て、自分も自衛隊に入りたいと思った」
「東日本大震災のとき、陸上自衛隊の人たちが被災地に設置したお風呂で被災者の方々が涙を流して喜んでいるのを見て、災害派遣の仕事に関心を持った」

などです。

災害時に自衛隊がどんな活動をして、何人の命を救ったのかに関してはさまざまな報道資料が出ています。

とくに東日本大震災に関する情報はたくさん出ていますから、こうした資料に目を通して、自分の志望動機に具体性を持たせるために結び付けることも大切です。

希望職種もあわせて考えて

国防に携わるために自衛隊に入りたいという人の場合は、希望職種もあわせて「どのような立場で国防に携わりたいのか」を具体的に述べられたほうがよいでしょう。

戦闘員なのか、通信員なのか、調達員なのか、自分の適性を考えたうえで希望する仕事について語れると、より説得力が増します。

また、自衛官をめざす人の志望動機として意外と多いのが「自衛官だった父親(あるいは叔父、友人の父親、近所のおじさんなど)の姿を見て憧れた」という志望動機です。

この場合、その人がどういった仕事をしているところを見て憧れたのか、どんな信念を持っているところに共感したかなど、具体的なエピソードをあげて説明できることが大切です。