自衛隊の給料・年収

自衛隊の給料の仕組みと内容

自衛官の給料は、一般的な公務員と比べると比較的高く設定されています。

それは、任務の性質上どうしても危険を伴う職務であるということと、体力的な問題などから定年退職が早いということを考えたうえで設定されている金額だと考えられます。

自衛官として採用された時点の一般的な月給は以下の通りです。

・2士=159,500円〜
・曹候補生(士の指導をする立場)=159,500円〜
・一般幹部候補生(大学卒業者など将来的に幹部として活躍される立場)=212,700円〜

自衛隊の入隊コースはいくつかあり、それによってスタート時にもらえる給料に差が出てきます。たとえば、将来的な幹部としてみなされる一般幹部候補生や防衛大学校卒者は、給料が高めとなっています。

さまざまな手当を加えた年収でいうと、およそ300万〜500万ほどになるのが一般的です。賞与は年2回、昇給は年1回となります。

なお、専門職系については、これよりも若干高い収入を得ることができます。
・大卒(歯科・薬剤科):232,000円
・4年制薬学部・薬学科卒:214,900円
・大学院卒:232,000円
※上記すべて平成27年時点

また、防衛大学校や防衛医科大学校に在籍している間も給与が支給されます。

階級によって給料も変わる

自衛隊は厳しい階級社会となっており、階級が上がれば、その分給料も上昇します。

「士」階級であると月給は16万円〜24万円程度、その上の「曹」階級は19万円〜43万円程度となっています。同じ階級のなかでもさらに勤続年数が増えれば増えるほど、給料は上がります。

さらに、「尉官」「左官」「将官」といわれる幹部自衛官はより給料が高くなり、一般幹部候補生や防衛大学校卒者のほとんどは、定年時に年収800万円程度にまで達するといわれています。

多種多様な手当もある

自衛官の代表的な手当としては「期末・勤勉手当(ボーナス)」「扶養手当」「夜勤手当」「単身赴任手当」などがあります。これらは、一般的な会社員でもつくことがある手当でしょう。

それ以外に、自衛官ならではの特殊な手当があります。

たとえば、パイロットの飛行に対して支給される「航空手当」、落下傘での降下を行うと支給される「落下傘隊員手当」、災害の際に被災地に派遣されると支給される「災害派遣等手当」などが挙げられます。

自衛官は、給与に加えてこうした数々の手当がつくことで、比較的高い収入を得ることができるといわれています。

福利厚生面でのメリットも

さらに、給料とは別に、支給されるものがあります。それが、「住居」や「食事」「被服」です。

とくに訓練期間に関しては団体生活のため住居費は必要ありませんし、日々の食事や制服・作業服も支給されるため、生活上はあまりお金を使う機会がありません。

もうひとつ、自衛官の待遇の特徴として「医療費が無料」という点が挙げられます。自衛官は、自衛隊関連の病院では無料で診察や治療を受けることができるのです。

こうしたトータルでの待遇を考えると、自衛官は安定した収入を得ることができる職業のひとつと考えることができるでしょう。