自衛隊の魅力

この手で国民の命を守るため

自衛隊の仕事の大きな役割は「国民の命を守ること」です。そのことを多くの国民が実感したのが、2011年3月11日に起きた東日本大震災ではないでしょうか。

東日本大震災は、三陸沖を震源とする最大震度7の大地震でした。地震後に発生した大津波によって、宮城県や岩手県を中心とした一部の沿岸地域は壊滅的なダメージを受けました。

このときに、一人でも多くの被災者を救うためにすぐに現地に入ったのが自衛隊です。

陸上自衛隊は倒壊した家屋に閉じ込められてしまった人を救出し、海上自衛隊は食料や毛布などの救援物資を運び、航空自衛隊が災害医療のスタッフを送り届けるなど、それぞれのチームが一丸となって被災地の救援活動にあたりました。

このときの自衛隊の出動によって命を救われた人の数は2万人にのぼるともいわれています。自衛隊はそれほど、国民の命を守ることに直結する存在なのです。

この「自分の手で目の前にある命を救うことができる」ということの尊さが、自衛隊で働く人にとっての大きなやりがいにつながっています。

厳しい訓練や過酷な救援活動もたくさんありますが、自衛隊員がそれを乗り越えていけるのも、人の命を救うことができたときの喜びに支えられているからなのかもしれません。

普段の生活は保障されている

自衛隊の仕事というと過酷なイメージがある人もいるかもしれませんが、そのぶん普段の生活面での待遇は保障されています。

民間企業のように会社の業績に左右されるわけではないので給料は安定していますし、自衛隊病院では無料で診察や治療を受けることができます。

また、全国各地に専用の官舎があるため、家賃を安く抑えることができます。

さらに、基本的には週休二日制で有給休暇もしっかりと用意されています。

一般的なサラリーマンに比べると、給料や休暇の面で恵まれている面も多く、これも自衛隊のひとつの魅力といえるでしょう。