高卒から自衛隊に入るには

すぐに自衛隊で働きたい人は

高卒から自衛隊をめざすには、いくつかの選択肢があります。

まずは「自衛官候補生」をめざすという道です。

高校卒業時の試験に合格して「自衛官候補生」になれば、3か月の訓練期間を経てすぐに自衛官になることができます。

高校を卒業したらすぐにでも自衛官として現場で働きたい!という人には、この選択肢が最も適しているでしょう。

もう少し長く訓練を積んでから現場に出たいという人には「一般曹候補生」をめざすという道があります。

「一般曹候補生」の制度とは「18歳以上27歳未満の者を対象に、陸上、海上、航空各自衛隊の部隊勤務を通じて、その基幹隊員となる陸・海・空曹自衛官を養成する制度」とされています。

簡単に言うと、前述の「自衛官候補生」を指導する立場の人間を育成するコースです。

「曹」に昇進することができ、将来的に小隊長のリーダーとして活躍できる可能性が広がります。

じっくり学んでから自衛隊で働きたい人は

自衛官としての専門知識を学校で十分に身につけてから現場で働きたいと思っている場合は、高校卒業後に海上自衛隊や航空自衛隊のパイロットを養成する学校で2年間学ぶ「航空学生」になるという方法があります。

高校卒業時に試験に合格すれば、航空学生として学校に入ることができ、卒業後は自衛隊のパイロットとして働くことができます。

また、高校卒業後に自衛隊の幹部を育成するために4年間学ぶ「防衛大学校」に入学するという方法もあります。

防衛大学校は一般的な大学とは異なり、自衛隊の幹部になるために必要な知識や技術を習得することを目的とした学校です。

いずれも難関ですが、防衛大学校で4年間学んだ人は、卒業後に自衛隊の幹部候補生として働くことができます。