自衛隊を見学するには?

誰でも見学できる

自衛隊の駐屯地は、基本的には見学が可能になっています。

当日に近所でデモがあったり、震災があったときなどはなかなか厳しいですが、普段はけっこう気楽に見学ができるようになってますし、民間の業者の方等も仕事でいますので案外一般の人も多かったりします。

見学したいのであれば、地元の地方連絡部の人に電話をしておくのが一番無難です。

当日の段取りもある程度しておいてくれますし、いろいろ案内してくれます。

自衛隊のお土産は人気

直接行って見学したいと入口で話せば、名前や住所を記入すれば簡単な案内をしてくれます。

通常日であれば駐屯地内の売店や体育館などが見学できます。また部隊や日によっては駐屯地内の訓練も少しくらい見学できるかもしれません。

売店では自衛隊ならではのお土産が売ってあります。

たとえば戦車饅頭だったり、各地域にあったお菓子などが売っていますが、自衛隊のお土産は珍しいので買って帰るとけっこう喜ばれます。

値段も高くないので、話のネタに買っていくのもよいでしょう。他にも自衛隊の帽子や、迷彩服など、普段隊員が買っていくものが置いてあります。

式典ではさまざまなものを見学できる

駐屯地はいつでも見学ができるようになっていますが、それでも見学できる範囲はかなり絞られてしまいます。

とくにその駐屯地ならではの装備だったり、戦車やヘリなどの乗り物が見たい場合は積極的に式典などのイベントに参加するのが一番です。

そうすればいろいろ体験できますので、より自衛隊を知ることができます。

あえて通常の日に見学に行くのであれば、隊員の日常生活の風景などが見れますので、そうした点を見たいのであれば普通の日に見学するのもいいでしょう。