自衛隊の1年

半年間は研修

自衛隊は公務員になりますので、季節ごとの休暇(お盆休みや、年末年始休暇)はしっかり取れるので、メリハリのついた一年を過ごせることになります。

新隊員として入隊した1年目に関しては、4〜9月までは教育期間になります。

あっという間に過ぎますが、途中のゴールデンウィークやお盆休みはいい気晴らしになるので、地元の友達と遊んだり、親孝行したりしてリフレッシュして過ごします。

また新隊員は土日に外泊はできませんので、駐屯地のある所から近い街で遊ぶことが自然と多くなります。

休日の外出を制限されることも

そして半年の新隊員教育が終わって無事に部隊に配属されると、まずは2週間ほど部隊内での教育を受けます。

ここで配属された部隊内のルールや仕事内容、新人の仕事などを教わります。

配属後の外出ですが、これは所属する部隊によってけっこう変わってきます。

自衛隊は有事の際にすぐ動ける体制をとってなければいけないので、仕事や訓練がなくても一定人数は駐屯地内に残しておかなければなりません。

そのため、土日が休みでも「残留」といって外出を制限されることがあります。

交代で「残留」するタイプの部隊の場合、土日も月の半分くらいは外出できます。

ただし、部隊によっては新人の内はあまり外出させない所もあるようです。

さまざまな訓練に参加

こうして部隊に配属されて少し経つと、先輩隊員と一緒にいろいろな訓練に参加していくようになります。

新人のうちは訓練の準備をしなければいけないので、他の先輩隊員より早く現場に行ったりしなければいけませんが、同期もいますのでけっこう楽しく準備をすることができます。

年末に休める確立は1/2

年末の休暇は前半組と後半組に分かれます。これも先ほどお話した「残留」の関係です。

後半組に回された場合、クリスマス前から年明けまで外出することができません。そのため、クリスマスは部屋で1人過ごして、年明けも部屋で過ごすことになります。

ただ、隊員があまりいないので仕事がたくさんあるわけでもなく、比較的のんびり過ごすことはできます。

部屋にも自分1人しかいないので、先輩に気兼ねすることなくのんびりできるのは年末くらいでしょう。

さまざまなイベント

年明けは正月のもちつき会をやったりもします。もち米も自衛隊の大きな炊飯器で炊くのでけっこう楽しいものです。

訓練自体は年間を通してありますが、ある程度大きな訓練は毎年時期が決まってたりします。

また数年に一度、格闘や射撃の競技会がありますので、それらの出場を目指して日々練習を重ねたりしています。