大卒から自衛隊に入るには

一般の大学からも自衛隊をめざせる

すでに一般の大学を卒業している人が自衛隊に入りたいと思った場合、いくつかの選択肢があります。

まずは「自衛官候補生」をめざすという道です。

大学卒業時に試験に合格して「自衛官候補生」になれば、3か月の訓練期間を経てすぐに自衛官になることができます。

もう少し長く訓練を積んでから現場に出たいという人には「一般曹候補生」をめざすという道があります。

「一般曹候補生」というのは、簡単に言うと、前述の「自衛官候補生」を指導する立場の人間を育成するコースです。

入隊後2年9月以降に「曹」に昇進することができ、訓練の内容も厳しいものにはなりますが、そのぶん将来的に小隊長のリーダーとして活躍できる可能性が開けます。

以上の2つのルートは、高卒の人が自衛隊をめざす場合と同じになります。

大卒者ならではの選択肢も

もうひとつ。大学卒業の学歴を持つ人ならではの、自衛隊をめざせるルートがあります。

それが、「一般幹部候補生」になるという選択です。

「一般幹部候補生」は一般・歯科・薬剤科のコースから各自衛隊の幹部自衛官となる者(飛行要員含む)を養成する制度です。

大学の文系および理工系から進む通常の幹部候補生コースが「一般幹部候補生」で、大学で歯学を学んだ学生が歯科医官となるコースが「歯科幹部候補生」です。

さらに大学で薬学を学んだ学生が自衛隊の病院等で活躍する薬剤官となる「薬剤科幹部候補生」もあります。

各コースとも、採用と同時に陸上・海上・航空の各自衛隊曹長に任命され、幹部候補生として一定期間の教育を受けることになります。

将来的には自衛隊の幹部として活躍できる可能性が開かれており、大学卒業者ならではの選択肢ともいえるでしょう。