児童指導員の就職、求人募集状況

児童指導員の就職先

児童指導員の活躍の場はさまざまあります。

児童養護施設をはじめ、障害児入所施設、児童発達支援センター、児童家庭支援センター、乳児院などが主となり、公立と私立の2種類に分けることができます。

このうち、公立の施設で働きたい場合は公務員試験を、私立の施設の場合は各施設ごとに実施される採用試験を受けることになります。

気を付けておきたいのは「児童指導員」という名前で募集されていても、「児童指導員」の任用資格以外の資格が求められることもあるということです。

たとえば、『「保育士」や「幼稚園教諭」あるいは「教員免許(小・中・高)」や「社会福祉士」のいずれかの有資格者であること』といった風に募集されていることがあります(実際には、教員免許や社会福祉士の資格を持っている場合には、児童指導員の任用資格も与えられます)。

求人募集状況

児童養護を必要とする家庭は増えていますが、児童指導員の採用枠は全体的には少子化の影響を受け、小さくなっているようです。

最近では児童養護施設等における児童指導員の増員が訴えかけられているものの、実現するための課題が山積みとなっており、すぐに採用数が大幅に伸びることは考えにくい状況です。

ただし、この仕事は心身ともに負担が大きいことから比較的離職率が高めといわれており、募集がまったくないというわけではありません。

実際、人を採用したくてもなかなか思うようにいかず、人員不足に悩む施設もあります。

こうしたことから、最近では有資格者のみならず、パート勤務を条件に資格無しでも応募可能となっていることもあります。

ただし、その場合は正規採用の場合に比べて業務範囲が限られていたり、給料や待遇面で差がつけられていたりするため注意が必要です。

児童指導員の採用募集情報は各自治体のホームページや、児童支援関連の財団法人等のホームページなどで見つけることができます。