児童指導員の勤務形態・休日・残業

勤務時間

児童指導員は、児童福祉施設や障害児施設、病院など、さまざまな場所で活躍しています。

施設の大半は24時間体制で運営しているため、児童指導員は夜間も含めた交代制で働くことが多いようです。

ただし、なかには7時~19時くらいの間だけ働く施設もあります。1日の労働時間は、8時間程度というのが一般的です。

平日と学校が休みの日によって勤務時間が若干異なることもあります。

特徴のひとつは、児童指導員は基本的に子どもたちの生活時間にあわせて働くため、「断続勤務制」をとっている施設もあるということです。

たとえば朝、子どもたちを学校に送り出すまで仕事をし、その後長い休憩を挟み、子どもたちが学校から戻る夕方以降にまた勤務をするといった形です。

そのほか、正社員のみならず嘱託社員やパートで働く人もおり、この場合は同じ施設でも勤務時間が異なる場合もあります。

児童指導員といっても勤務時間はさまざまであるため、事前によく確認しておくとよいでしょう。

休日・休暇

児童指導員の休日は施設によって異なりますが、4週8休程度のシフト制が一般的となっているようです。

子どもの生活を支援する以上、必ずしも土日祝日に休めるわけではありません。ただし、土日祝日は交代で休みをとるように配慮されているケースが多いようです。

このほか、交代で夏季休暇や年末年始休暇をとったり、有給休暇、特別休暇、産前産後休暇、育児・介護休暇などが一般的なものとなっています。

残業

児童指導員の仕事は、総じて「残業が多め」といわれています。たしかに、子どもの突然の病気やトラブルなどが起これば、どうしても残って仕事をせざるを得ないこともあるでしょう。

ただし、すべての施設がものすごい残業に追われているわけではありません。実際、月に10時間程度と比較的少ない残業で働けるところもあるようです。

施設の方針や規模、職員と子どもの数のバランスなどによって、一人が担当する業務量や業務範囲も異なるため、一概にはいえないと考えておいたほうがよいかもしれません。