自動車整備士の志望動機

機械をいじるのが好き

自動車整備士の志望動機で多いものは、「車や機械をいじるのが好き」というものです。実際の業務でも毎日細かな特殊パーツを扱ったり、さまざまな専門知識を必要とする仕事であるため、機械を苦にしないことは必須ともいえるでしょう。

さらに、子どもの頃から車を見たり乗ったりするのが好きで、好きなものを仕事にしたいという気持ちが、この仕事を目指すきっかけになったという人も多くいます。

人の役に立ちたい

自動車整備士の仕事では、専門技術を使って自動車を修理できるだけでなく、その持ち主であるお客さまのことも喜ばせることができます。

また、自動車が安全に走行するために、自動車整備士は世の中に欠かせない存在です。ただ単に自動車が好きなだけではなく、人の役に立ちたいという強い気持ちも求められる仕事といえるでしょう。

手に職をつけたい

国家資格である自動車整備士になれば、一生モノの技術が身につきます。同じ働くにしても、自分で身につけた技術を生かせる仕事をしたいという思いで、この仕事を目指す人もいます。

しかし、技術は日進月歩。次から次へと新しい技術が生まれるため、絶えず学び続ける姿勢が欠かせません。特に近年では電子制御の仕組みも変わってきているため、コンピューターの知識も必要になってきます。

自動車整備士の国家資格に加えて、各社では自社内に独自の資格を設けているケースもあります。仕事を通じて少しずつ試験に合格することで、整備士としてのキャリアアップが望めます。