自動車整備士の魅力

自動車技術の最先端に触れられる

自動車整備士を目指す人の多くは車が好きですが、この仕事をしていると、いつでも変わりゆく自動車の最先端の技術に触れられます。

学ぶべきこともたくさんあり決して楽ではありませんが、珍しい車に出会えることもあるなど、車が好きな人にとっては仕事そのものが楽しく、まさに天職だと思えるでしょう。

また、現代は自動車と地球環境の問題は切っても切り離せない関係になっており、今後も天然ガスや電気などを動力とする自動車はどんどん増えていくものと思われます。

自動車整備士としても、視野を広げて自動車と向き合う姿勢が大切になってきます。

手に職がつけられる

技術職である自動車整備士は、手に職をつけられる仕事であることも魅力の一つです。

経験を積めば積むほどスキルは上がり、もし別のディーラーや整備工場などへ転職する場合にも、身につけた知識と技術はそのまま生かすことができます。

ちなみに、自動車整備士たちは自分の車も自分でいじってしまう人が多いようです。

お客さまから感謝される

自動車整備士はお客さまの大切な車を預かって修理を行うため、その責任は重大です。自分一人でさまざまなトラブルを解決できるようになるには、新しい知識や技術を身につけなければなりません。

また、もし自動車をきちんと直せずお客さまの運転中に不具合を起こせば、最悪命に関わる大事故につながる恐れもあります。そんな責任のあるとても大変な仕事ですが、トラブルが無事に解決すればお客さまは必ず喜んでくれます。

自分の力で成し遂げたことが直接人を喜ばせられるという点は、この仕事の大きな魅力です。