自動車整備士の就職先・活躍の場

活躍の場は拡大

自動車整備士の免許を取得した人たちは、各企業などに就職して整備士として働いています。活躍の場はさまざまで、代表的な存在として自動車ディーラー(販売店)や整備工場、カーショップがあります。

メーカー系のディーラーの場合はそのメーカーの自動車のみ扱うのに対し、整備工場やカーショップの場合、さまざまなメーカーの自動車を扱います。

他にも違いがありますが、ディーラーの場合は最先端の技術に触れられることなどが特徴で、専門学校を出た人はまずディーラーに進むケースが多くなっているようです。

他には、大手の運送会社では社内に整備士を置いていることもありますし、大型のトラックメーカーやバス会社、建設機械メーカーの整備士として働く道もあります。

また近年では、ガソリンスタンドでも整備士を置いて修理を受け付けるところが増えていたり、塗装修理専門のペイントショップが登場したりと、自動車整備業界の競争は激化しています。

しかし、自動車整備士にとっては活躍の場が広がっており、チャンスだと捉えることもできるでしょう。

自動車整備士としてのキャリアパス

多くの自動車整備士は、現場で何年か経験を重ねた後に「フロント業務」という仕事に異動するのが業界の一般的な流れとなっています。

フロント業務をする人は「フロントアドバイザー」や「フロントマネジャー」などと呼ばれていますが、故障車の整備受付や故障診断、見積もり提示、部品発注などの仕事を幅広くこなす、いわばお客さまと整備士の橋渡し的な仕事です。

こちらは整備知識や技術だけではなく、接客スキルや人間性も求められる仕事ですが、会社の印象を左右する重要なポジションです。また、中には本人の希望や適性、会社事情などによって営業になる人もいるようです。