自動車整備士1級と2級の違い

自動車整備士の資格の種類

自動車整備士の資格を大きく分けると、特殊整備士、3級、2級、1級の4種類があります。

そのうち、整備に関する知識や技術の習得度を測るのは3級と2級であり、自動車整備士の仕事に就くために、多くの人は養成学校に通ってどちらかの資格取得を目指します。

整備士として仕事を行う面だけでみれば、単独で分解整備作業ができるとみなされる2級の資格を持っていれば不足はないと考えられています。

1級自動車整備士について

1級自動車整備士に関しては、技術者そのものとしての知識や技術を測るだけでなく、アドバイザー能力や現場において安全管理ができるといったような、整備士のリーダー的立場になるための実力を示すものとして存在しています。

また、日々変化を続ける業界の中で、より高度な技術を身につけた整備士を育成するために1級の資格が存在しています。

1級整備士を細かく分けると、「1級大型自動車整備士」「1級小型自動車整備士」「1級2輪自動車整備士」の3種類があります。

いずれも2級整備士の知識と技術に加え、最新の電子技術や環境保全、高度な整備技術力などに関する能力も求められる、自動車整備士の中では最も難関の試験です。

また、1級を受験するためには2級自動車整備士の資格に合格し、養成施設で所定の教育を受ける必要もあるなど、合格への道のりは非常に険しいものとなっています。