自動車ディーラー社員の仕事、業務内容

自動車ディーラーとは何か

ディーラーとは、特定の自動車メーカーの車を販売・メンテナンスする店舗のこといいます。

より正確にいうと、ディーラーは自動車メーカーや自動車メーカーの販売子会社と「特約店契約」というものを結んだ販売業者のことを指します。

特約店契約を結ぶことで、ディーラーは有利な条件でメーカー製品の仕入れができるほか、メーカーの指導の下に店舗を運営していくことになり、メーカーの正規取引店としての信頼が得られます。

自動車メーカーとの関係性をわかりやすくいうと、メーカーが自動車を開発・生産して宣伝するのに対し、ディーラーはメーカーから自動車を仕入れて、実際にお客さまに販売する役目を担います。

販売店との違い

ディーラー以外に自動車を販売する店舗として、「販売店(サブディーラー)」といわれるものがあります。

一般的な街の車販売店は、ディーラーのように特約店契約を結んでいない、民間企業や個人経営の店舗となっています。したがって、さまざまな自動車メーカーの製品を扱います。

販売店はメーカーとの取引ではなく、ディーラーと取引を行い、製品を仕入れてお客さまに販売します。

自動車ディーラーでの仕事

自動車ディーラーでは、メーカーの車(新車・中古車)を販売するほか、車両の点検、メンテナンスなどのアフターサービスも提供しています。

実際にお客さまと接しながら販売をする営業のほか、メンテナンスや車両点検を行うエンジニアやメカニック、店舗運営を裏方として支える事務などの仕事があります。

ディーラーでは一人ひとりのスタッフが役割分担をして働いていますが、目指すべきは「いかに売上を高めていくか」ということ。

そのためには、まずお客さまに信頼され、満足いただくことが重要です。そのため、各店舗では接客に力を入れるほか、展示車の管理、店舗清掃、イベント企画などを行っています。