自動車ディーラー社員への転職、中途採用

転職を考える際の注意点

自動車に興味がある人のなかには、自動車ディーラーへの転職を考える人もいるようです。

ただし、気を付けておきたいのは、自動車メーカーと自動車ディーラーの役割の違いをよく理解しておくことです。

メーカーが自動車を企画・製造するのに対し、ディーラーではメーカーが製造した自動車を販売する役目を担っています。

ディーラーの一部は、自動車メーカーの資本が入っていますが、資本がまったく入っていない正規代理店のディーラーも多数存在します。

大手自動車メーカーの自動車を扱うといっても、あくまでもメーカーとは別会社であることを認識しておくことが大切です。

営業職は厳しさも

自動車ディーラーの仕事は、大きく分けると「営業」と「整備」の2種類があります。

整備については、自動車整備士の資格が必要となる専門色の強い仕事ということもあり、比較的安定して働けるといわれています。

しかし、営業については業界内では離職率がかなり高めとされています。

その理由はいくつか考えられますが、個人ノルマに追われる一方、あまり高い給料は見込めず、土日も休めず、労働時間は長くなりがち…といったさまざまな条件から、「思っていたよりも厳しい」と感じて現場を去る人が多いようです。

お客さまと信頼関係を築けるやりがいのある仕事ですが、「自動車が好き」という気持ちだけではなかなか務まらない面もあることは知っておいたほうがよいでしょう。

求人の見つけ方

自動車ディーラーの中途採用の求人情報は、各ディーラーのホームページに掲載されていることが多いです。

人員が足りている場合は中途採用を行っていないこともありますが、求人はそれなりに多く出ているため、地道に探していけば見つかるでしょう。

このほか、興味のあるメーカーの車を扱っているディーラーに直接問い合わせる方法や、ディーラーの営業担当と親しくなり、紹介してもらう方法も挙げられます。

転職エージェントを利用する方法もありますが、求人の量はそこまで多くないようです。