自動車ディーラー社員に向いている人、適性

自動車が好き

自動車ディーラーでは、毎日たくさんの車に囲まれて仕事をしていくことになります。

働くうえで「自動車が好きでなくても大丈夫」という意見もありますが、やはり自分がお客さまに勧める商品のことを好きであるほうが、より説得力のある提案ができる場合が多いようです。

また、好きなものに触れているだけで仕事が楽しくなれるという一面もあるでしょう。商品のことをより深く勉強していきたいという気持ちにもなるはずです。

こうしたことから、自動車に対して多少なりとも好きな気持ちを持てる人のほうが、自動車ディーラー社員に向いているといえるでしょう。

精神的に打たれ強い人

自動車ディーラーの仕事は、きついと感じる面や大変なところも多々あります。

営業職であれば、ノルマに追われるプレッシャーがありますし、整備職なら体力仕事であることや、できるだけスピーディーにたくさんの整備を正確にこなすといった緊張感があります。

お客さま相手の仕事であるため、ときにクレームを受けたり、思い通りにいかないこともたくさん出てきます。

そうしたなかでも冷静さを保って、前向きに仕事に取り組んでいくためには、精神的にタフであることが好ましいです。

嫌なことがあっても気持ちをすぐに切り替えて、できるだけ笑顔でいられる人であれば自動車ディーラー社員に向いているといえます。

人と信頼関係を築ける人

現在、自動車ディーラーの多くは、ショールームに来店されるお客さまに対して営業をして契約に結び付ける方法をとっています。

したがって、お客さまは少なからず自動車購入に意欲的なわけですが、高額商品であるだけに簡単に売れるわけではありません。

どれだけ相手のニーズを引き出せるか、そして商品の魅力を伝えられるかが重要であり、何よりもお客さまとの信頼関係を築くことが不可欠です。

本当に信頼してもらえれば「あなたのところで買いたいです」と言ってもらえることもあります。

信頼は一朝一夕で勝ち取れるものではありませんから、マメにお客さまのもとへ足を運んだり、電話やメールでフォローしたりすることも大切です。

こうした手間をいとわず、人間関係を大事にできる人であれば、自動車ディーラー社員としても活躍できるはずです。